MENU
カテゴリー

喫茶ステラと死神の蝶の感想

パンツのエロゲ

"
タイトル喫茶ステラと死神の蝶の感想
品番yuzu_0003
メーカーゆずソフト
値段7945
あらすじ

【こちらの商品は 「修正パッチ Ver.1.3.1」を適用済みです】 ※2/16 18時以降に適用されています
ダウンロード版のメーカーサポートお問い合わせの際は、ゲームファイルに同梱されております 「readme.txt 」記載のIDとログインパスワードをご確認ください
主人公、高嶺昂晴は何気ない学生生活を送っていた
だがある日、不慮の事故で命を落としてしまう
そこで予期せぬことが起きた
死んだはずだった高嶺昂晴が、目を覚ましたのだ
しかもそれは──死ぬ当日の朝だった
わけがわからないまま、もう一度、同じ一日を過ごす
予知夢やデジャブのようなものではなく、一日の流れが全く同じ
あまりの事態に恐怖を覚えながらも、死んでしまった、事故の場所を訪れた
そして事故の瞬間── 彼は‘‘死神’’と‘‘人語を喋る猫’’と出会った
そして告げられる言葉
「死はまだ回避できていません」 高嶺昂晴は死ぬ運命から逃れるために、死神の仕事を手伝うことになる
その方法とは、何故か喫茶をオープンさせることであった
世界を巻き戻し、‘‘死’’という現実を乗り越えた、高嶺昂晴
だが引き寄せる‘‘死’’の因果からは逃れられない
これは、己の運命と世界に挑みつづける1人の男の恋の物語──なのかもしれない?

喫茶ステラと死神の蝶の感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""
喫茶ステラと死神の蝶の感想のレビュー
この手のゲームは色々とプレイしてきたが、飛びぬけて上質な作品だと思う
キャラデザ、声優の演技が良い事もさることながら、システムが素晴らしく手が込んでいる
特にシナリオのフローチャート機能は素晴らしい心遣いを感じる出来で、ふと思い出しては何度もプレイしたくなる様な作品となっている
シナリオが個人的な好みからは少しはずれるため自分にとっての最高傑作とは言えないが、それでも評価としては星5では足りない程の名作だと感じた

ゆずソフトらしいキャラ重視の作品

ゆずソフトの中で一番合わなかった
他の作品もご都合主義なことはあったけど、今回は2倍ほど増した

クオリティーはトップクラス
シナリオを除けば

栞那ルートはゆずソフト史上最高の完成度、感動した

高嶺昴晴、職業 死神代行

じゅうぶん楽しめました

トップ