MENU
カテゴリー

好き好き大好き超管理してあげるの感想

夜のひつじのエロゲ

"
タイトル好き好き大好き超管理してあげるの感想
品番yoruno_0006
メーカー夜のひつじ
値段1430
あらすじ

愛情しこしこ、頭ゆるゆる射精管理
「兄さんは恋をするべきだと思う」 すべては妹・茉依(まより)のその一言から始まった
教え子の奈々那(ななな)に告白され戸惑う主人公に、 茉依は 射精管理 で発破をかける
限界までムラムラドキドキさせられて、 奈々那に たくさんお射精 したくなってしまった主人公は、 半ば強●的に恋とエッチを知っていく――
愛があれば、教師と教え子でも兄と妹でも 3Pハーレムでも全然問題ないよねっ



愛ある射精管理からの〜→たくさんお射精ADV

好き好き大好き超管理してあげるの感想のエロ画像・動画

"""
好き好き大好き超管理してあげるの感想のレビュー
誰を好き好き大好きで、誰が誰の何を超管理してあげるのか、というお話
いつもながらのメッセージ性あるシナリオですが、射精も女神様と妹がバッチリ管理してくれるため抜きゲーとしても十分使えます
更に妹ゲーとしても優れた一面を持っていますが少々わかりづらく、茉依の心情をちょいと積極的に読み取る必要があります

奈々那がマジで女神様
けったけったと笑いながら射精管理したり、妹ちゃんにさせてあげたりの手並みに見とれるうち、愛について諭されていました
言葉によって安らかな思考を満たされ、快楽をもって安らかな無思考に満たされる、そんな天国のお話です

イチャラブ甘責め

「射精できない」レンズは実用

射精管理シチュに詳しくないのでコメントがしにくいが、自分がporori氏のテキストに期待していた虚無感や寂寞感が薄く、自分には合わなかった

「茉依は兄さんのヘタレに絶望した」からはじまる、数奇な二人の女の子との関係……おお、これが管理された射精人間だというのかっ
一見して、今までのような文芸性が見えにくい作品ではあるが、要所要所に仕掛けられた小ネタが、味わい深いテイストをかもし出す
射精して、考えて、そして射精しよう
 射精ができなくなったレビュアー(5年)からの約束だぞっ

いちいちセリフやらテキストやらが心に沁み込みすぎて気づいたら涙を流しながらシコっていた

トップ