MENU
カテゴリー

想いを捧げる乙女のメロディーの感想

ensembleのアダルトゲーム

"
タイトル想いを捧げる乙女のメロディーの感想
品番will_0176
メーカーensemble
値段8580
あらすじ

主人公・雨桜(あまざくら)みさきはドイツに留学しているピアニストの卵
ある日、日本で音楽教師をしている姉から電話がかかってくる
姉が勤めるリーリエ女学園には、楽器技師であったみさきの亡き父が手がけた 唯一のピアノがあり、いつかそのピアノを弾くのがみさきの夢でもある
だが、そのピアノは今年を最後に博物館に寄付されることになると姉から聞く
その姉から、自分の代わりに音楽教師をやってもらえないかとお願いをされ 日本に戻るみさき
父が残したピアノを弾けるかもしれないという希望を胸に
学園に到着後、姉が話を通してくれているという学園長に会う
学園長「キミには女装して『先生兼女学生』として、生活してもらう」 みさき「は、はいぃぃぃいいぃ


?」 なんと、父のピアノはリーリエ女学園に在学する学生が学園祭の時にだけ弾くことが出来る特別なものだった
ピアノを弾けるのはこれが最後のチャンス
しかし…これではまるでヘンタイで、もし正体がバレてしまえば笑い話では済まないだろう
かくして幕を開ける、女装×先生×学生の三重生活
この先、みさきはどうなってしまうのか…

想いを捧げる乙女のメロディーの感想のエロ画像・動画

"""""""""""""""""""
想いを捧げる乙女のメロディーの感想のレビュー
トップ