MENU
カテゴリー

人妻喰い 〜万引きGメン恥辱日誌〜の感想

おばさんのエロゲー

"
タイトル人妻喰い 〜万引きGメン恥辱日誌〜の感想
品番will_0091
メーカーGuilty
値段4170
あらすじ

うだるような暑さの夏の日、主人公・桐山祐一は腐っていた
パチンコ屋になけなしの金を吸い取られた彼は、自分のこれまでの人生を述懐していた
―初めに就職した会社
そこの年上の社長秘書と関係をもったことがバレ、会社をクビになったのがケチのつき始め…
その後、バイトをしていたコンビニの客として来た人妻に溺れ、それが店にバレ、その日のうちにクビになり…憂さ晴らしにパチンコをしてみたが、いましがた見事に負けた
それもこれも自分の性癖― 人妻好き、年上好きのせいだとは分かっているが、だからといってその性癖を変えようとは考えなかった
そんな彼の前に、しばらく会っていなかった人物が現れる
傍若無人な性格で、親戚中で鼻つまみ者の叔父・満吉
スーパーで万引きGメンをしているという叔父に流されるままに連れられ、叔父の仕事場、店内の詰め所に足を運ぶ祐一
そこは外とはまた違い、締めきった室内の熱気が身体にまとわりつくような暑さだった
祐一がそれに辟易していると、叔父は口角を上げ、言った
「なに、お前もこの暑さにすぐ慣れるだろうし、何よりこの暑さが病みつきになるかもしれないぞ?」 意味が分からず考えていると、叔父はこの仕事を辞めるから後任に、職のない自分に万引きGメンの仕事を譲ると言い始める
久方ぶりに会う胡散臭い叔父の胡散臭い打診に、祐一は疑心を抱くが…その時、詰め所のドアをノックする音がした
入ってきたのは何かに上気したように顔を朱く染めた主婦だった
叔父はその人妻に近づき、自分の目の前でおもむろにセックスをし始める
人妻は人に見られることに抵抗感を抱きつつも、徐々にそれを快楽のスパイスに変え、目の前でオーガズムを感じ果ててしまう
その人妻は叔父の手によって、すでに墜とされていたのだ
祐一はその様子を見て、口元が緩み、無意識に静かな笑みを浮かべていた
それを見て叔父は言った
「そうだ、それだよ
お前は俺と同じだ…同じ種類の匂いをプンプンさせてやがる」 祐一は万引きGメンを引き継ぎ、その役得を活かしきろうと決めた
彼の叔父がそうであったように

人妻喰い 〜万引きGメン恥辱日誌〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
人妻喰い 〜万引きGメン恥辱日誌〜の感想のレビュー
トップ