MENU
カテゴリー

痴●電車男外伝 〜伝説へのチェイサー〜の感想

Guiltyのエロゲ

"
タイトル痴●電車男外伝 〜伝説へのチェイサー〜の感想
品番will_0068
メーカーGuilty
値段2933
あらすじ

これと言って取り柄のない平凡な男子学生の野原学は、今日も変わらぬ日常を過ごしていた
学の目の前には憧れの女子学生、諸積遥香がいる
今日こそは声を掛けよう、と思うのだが引っ込み思案の性格が災いし、いつも彼女に気づかれないようにそっと眺めるだけの毎日
ある日、学は自分の内気な性格を変えるきっかけとして、痴●を止めようとするが逆に痴●男に逆ギレされ窮地に立たされてしまう
そんな学を救ったのは、意外にも痴●されていた女性、久我夏美だった
危機が去って安堵している学に夏美は、快楽を得るためにわざと痴●されていたことを口走る
「なんでそんなことを?」 「こういう身体にされてしまったのよ
あの男に
」 思わせぶりな言葉に首をかしげる学を無視して、何故わざわざ痴●を止めようとしたのかを学から聞き出す夏美
遥香のことは伏せて学は自分の胸の内を打ち明ける
「自分の性格を変えたかったワケね…
でも、変わったふうには見えないけど」 結局、精神的に何も変われなかった自分に失望する学を見て、恥女行為をするのを思いつく夏美
突然の展開に抵抗する学だったが、大人の女性に触られる新たな感覚に興奮を覚え、イキそうになる
「続きがして欲しかったら、また明日ここにきなさい」 その言葉を残して颯爽と出勤していってしまう
寸止めを喰らい欲望を持てあました学が射精する為にトイレに駆け込むと、今度は学校の古文教師の掛井美代子と遭遇する
「野原君、先生にフェラチオさせて…」 「先生
なに言ってんですか?」 「だって…そう命令されたから…逆らえないんです、私」 この日を境に学の平凡な日は劇的に変貌していく…

痴●電車男外伝 〜伝説へのチェイサー〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""
痴●電車男外伝 〜伝説へのチェイサー〜の感想のレビュー
また、買ってしまった
前作のある面続編みたいなかんじでも、今回のストリーの方がなんか、興奮するっす
なんか、いけない妄想してしまうみたいな
今回の
夏美さんの衣装がいい
そそられました
不満な点といえば、もっと、日によって、衣装を変えて 痴●してほしかったかな
服を選んで、痴●できるような システム&グラフィックがあったら、けっこういいかも
が、胸の揺れるシーンと、今回のヒロインの子はけっこう かわいかったから値段の割にはお勧めしちゃいますよん
是非買ってみてね♪

前作よりはましになっているかもしれない

ストーリーが面白くて、飛ばさずに全部読みました
途中から、青春映画みたいになっていくのにはウケた
『先生、部活じゃないんですから

』 ↑笑わしてもらいました

痴●電車男2に登場したキャラ2人に新登場したキャラ1人が痴●のターゲットになっているため、CGおよびエロシーンが増えている
ストーリーはいや、それはちょっとというご都合主義だけど、このシリーズに求めているのはそういうことじゃないので目をつぶる
CGは相変わらずのクオリティで安心して見れる

トップ