MENU
カテゴリー

館熟女 〜The immoral residence〜の感想

義母のエロゲー

"
タイトル館熟女 〜The immoral residence〜の感想
品番will_0062
メーカーGuilty
値段2933
あらすじ

その日、僕はまた一人になった
事故で両親を喪った主人公を引き取り、育ててくれた女性(ひと)
暖かく抱擁してくれた手を、今でも憶えている
「もう大丈夫、怖がらないで……
今日から、わたしがおかあさんだよ……」 義母と10年続いた安らぎの生活
そんな義母に女性を感じはじめながらも続く二人の生活
そんな日常も、突然終わりを告げた
細々と続けていた学習塾は抵当に取られ、それと同時に行方をくらませた義母
呆然とする主人公の前に現れたのは、一人のメイドだった
彼女は冷徹に告げる
「貴方は、本日付けで四ツ谷家の管理下に置かれました」 わけも分からぬままに連れて行かれた先は、山奥の瀟洒な洋館
大正の香りを残すその館で、肌もあらわな女優のようなドレスを着た女主人が出迎える
気だるげな笑みと、零れ出た肢体に釘付けとなる主人公
そしてその館の使用人として働く事になる…

館熟女 〜The immoral residence〜の感想のエロ画像・動画

""""""
館熟女 〜The immoral residence〜の感想のレビュー
絵柄はエロっぽい感じで良いです
原画が草津てるにょ氏なので雰囲気はあります
ヒロインは全部で4人しか出ず単発のサブキャラも居ないのでヌキゲーとしては少ないかなぁと思ったりもします
エッチシーンは最近の流行をまんべんなく網羅したという感じでしょうか
ただコレといって素晴らしく突出しているという感じもなくダラダラと終わってしまうのが難点かもしれません

主人公を容赦なく「突き放し」、「諭し」、何があっても「動じない」熟女

トップ