MENU
カテゴリー

アインシュタインより愛を込めて APOLLOCRISISの感想

GLOVETYのアダルトゲーム

"
タイトルアインシュタインより愛を込めて APOLLOCRISISの感想
品番vsat_0270
メーカーGLOVETY
値段4400
あらすじ

『SPECIALCOMPLETE SOUND TRACK』データ版とドラマCDデータが付属 新規VOCAL BGMを含む、全曲フルバージョン完全収録
パッケージ版の予約特典である、特製ドラマCDと同内容のデータも付属
ドラマの各タイトルは以下の通りです
・同棲エピソード「Low fever」 ・後日談「again again」 ━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… 小笠原から帰還して1年近くがたった
夏のはじまり
学園3年生になった愛内周太は、まんぜんと季節の移り変わりを眺めていた
のんきなクラスメート達
平和な毎日
帰らない恋人、有村ロミ
すべてを、ただぼんやりと眺め、待ち続けていた
そんな彼のもとに、彗星機構のリーダーである「ミコ」からの手紙が届く
再び彼とその仲間達は、世界は、彗星にまつわる野望の中に取り込まれていく
最後の夏が始まろうとしていた

アインシュタインより愛を込めて APOLLOCRISISの感想のエロ画像・動画

"""""
アインシュタインより愛を込めて APOLLOCRISISの感想のレビュー
未完であった無印の補完…という程補完を成していなかった本作
伏線回収も中途半端で、展開や言葉選びのせいで陳腐にしか映らず、冷めた目で追うことになった
ただ愛内周太と有村ロミの2人の物語としてみれば、終わりよければすべてよしって言葉もある通り、〆は綺麗に上手く纏めていたのでまぁそれなりに良かったかなという気持ちです

愛内周太と有村ロミの二人の物語、結末が非常に美しく満足しました

前作の疑問点は解消されてないけど面白かった

アイこめ完結編
本編の終わり方でもやもやしていた心を吹き飛ばしてくれるFD
本編をプレイした人はこちらもしっかりプレイしましょう
特に本編が消化不良な終わり方だったなと思う人は

残念

いろいろ謎は解けるけどスッキリ感はないかなぁ
感動とか驚きとかも特に…
まあでも本編でモヤモヤ感をお見舞いされた後の口直しにはなる
日常のやり取りは相変わらずおもしろかった

世界観よしキャラよし設定よしシナリオいまいちの前作を良い意味でなんとかまとめきった印象
終わらせ方も個人的には良かったと思いました
前作と今作を合わせてしっかりと一つの物語として楽しめました
欲を言えば各ヒロインの後日談を短めでもいいので欲しかった

トップ