MENU
カテゴリー

彼女たちの流儀の感想

ロリのエロゲ

"
タイトル彼女たちの流儀の感想
品番vsat_0207
メーカーcm
値段3850
あらすじ

主人公、兎月胡太郎はすましていれば深窓のお嬢様で通るような可憐な美少年
両親の離婚以来、家を出た母と2人で暮らしてきたが、母の急死によって実家に帰る事になった
元は華族だという、地方の旧家
5年振りにその敷居をまたいだ胡太郎は、母といる間一度たりと会う事を許されなかった双子の姉たち、鳥羽莉と朱音に再会した
2人は5年も経つにしては驚くほど変わらぬ姿であったが、かつては感じ得なかった妖精めいた美しさに溢れていた
再会を喜ぼうとした胡太郎だったが、下の姉・鳥羽莉(とばり)の態度はあまりに冷たかった
それから半年
姉たちの通う学園に転校した胡太郎は、それなりに新しい学園生活を満喫していた
クラスメイトになった幼馴染の少女や変わった友人、病欠で留年しているもうひとりの姉・朱音
騒がしくも愉快な学生生活は、あわただしくも過ぎて行く
しかし、鳥羽莉だけは胡太郎に笑顔を見せなかった
いつも一緒に遊んでいた、幼いころの鳥羽莉――優等生として慕われている学園とは違い、屋敷の中では淡々と振舞う姉は、どことなく嫌いだった父に少し似ていた
つまり、苦手だった
初めは打ち解けようとした胡太郎だったが、つれなくあしらわれて挫折した
もう、姉が自分を見てくれる事はないのだと思っていた
――その夜までは

彼女たちの流儀の感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""
彼女たちの流儀の感想のレビュー
鳥羽莉との絡みが倒錯してて良い
こたろーが可愛すぎる
って、それじゃ倒錯してるのはプレイヤであるところの俺じゃん
 いやいやいや
とりあえず、構成要素が全体的に古い
設定はたくさんばら撒いた割に活きてない
でもまあ、可愛いからいいか、ということで
文章も演出も悪くないです

とばりゲー
だがそれがいい

シナリオはかなりよかった
鳥羽莉姉のラストシーンは感動

OPの秀逸さが群を抜いている
BALDR FORCE EXE以来2度目の身震い

淫靡さとインモラルさ、そして意外に真摯なメインヒロインの恋愛観、これぞエロゲー

シナリオは短めであまり大きな起伏はない
ギャグもほぼなし
立ち絵のクオリティ高
CGも文句なし
エロ良
BGMも良いが、歌モノ含め一部トランスだかなんだかの曲は個人的にゲンナリ
CVは火乃香は少し違和感
他は良
システム面ではバックログ一行というのが不満

良かった
おすすめの作品

トップ