MENU
カテゴリー

トリニティ×カラミティ 〜淫らな躾と終わる世界〜の感想

エルフのエロゲ

"
タイトルトリニティ×カラミティ 〜淫らな躾と終わる世界〜の感想
品番views_0660
メーカーエスクード
値段9680
あらすじ

世界は、予言に従い「終末」をもたらす天使たちによって、滅びを迎えようとしていた
あるものは嘆き、あるものは諦め、ただ終わりを待つばかり
だが、「終末」に抗おうとする者たちもいた
天使と戦うべく立ち上がった、魔王・アンネリース
彼女に仕える主人公・ヴィクトルは、 自信過剰なハーフエルフ魔女・ソフィー、 自由奔放な狼獣人拳士・ウルリカとともに、 世界に「終末」をもたらす天使との最初の決戦に臨む
しかし、最初の天使との戦いのさなか、 魔王を「悪しき魔族を束ねる者」と勘違いした、魔剣使い・エルシャが乱入
なんとかエルシャを取り押さえ、天使は倒せたものの、場を散々に引っ掻き回されてしまう
初戦を勝利で飾った魔王は、次なる戦いに向け、ヴィクトルに新たな指令を与える
「ソフィー、ウルリカ、エルシャ、 強大な力を持つ三人娘に‘‘躾’’で力の使い方を教え、 襲い来るすべての天使を打倒せよ
」 彼女たちは、あり余る力で色々と‘‘失敗’’をしてしまう問題児
ヴィクトルは、三人を正しく‘‘躾’’、天使から世界を守ることができるのか――? ━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… ※「本編+オリジナルボイスコンテンツ付き」は、2020年5月28日(木)までにご予約いただいた方のみ コンテンツに同梱されております

トリニティ×カラミティ 〜淫らな躾と終わる世界〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""""
トリニティ×カラミティ 〜淫らな躾と終わる世界〜の感想のレビュー
軽めの調教作品 戦闘はおまけ以下 シナリオも特に面白みはなかった ゲームのメインは調教パートで一人あたり11のシチュに好感度別に2つ×3段階の差分(プレイ後時間あいてるので間違ってるかもしれません) 調教といっても酷い行為はなく好感度が上がればヒロインから積極的に奉仕してくれるので変態チックなイチャラブといった方が適切 個人的に一番良かったのはウルリカ

こういうほぼ和姦でソフトな調教ゲーがやりたかった
バトル要素はネットに転がってるフリーゲームの方が面白いくらいのレベルである
しかし前作から引き継がれた調教システムが良くて、ちゃんと段階堕ちしてくれるようになり、とってもエロく進化していて最高だった

周回不要、難易度易しめのEscu;de調教ゲー入門

トップ