MENU
カテゴリー

Dies irae 〜Amantes amentes〜の感想

lightのアダルトゲーム

"
タイトルDies irae 〜Amantes amentes〜の感想
品番views_0369
メーカーlight
値段8046
あらすじ

1945年、5月1日……ドイツ
陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた
彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた
その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない
彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく
聖槍(せいそう)十三(じゅうさん)騎士団(きしだん)――時代の闇が生んだ超人たち
彼らはいずれ戻ってくる
そのとき世界は破滅する
ゆえに、再来を許してはならない――と
そして61年の歳月が流れた
彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた
しかし―― 2006年……日本
諏訪原(すわはら)市の学園に通う藤井(ふじい)蓮(れん)は、とある事件を境に親友・遊佐(ゆさ)司狼(しろう)と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた
季節は秋から冬に――クリスマスを間近に控えた12月
半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた
失ったものは戻らない
ならせめて、今この手にあるものを大切に……と
だが、それすらも崩れ去る
夜毎見る断頭台の夢
人の首を狩る殺●犯
それを追う黒衣の‘騎士’たち
常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく
その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常
変わらなければ、生きられない
生き残らないと、戻れない
加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える
何も大層なことを望んでいるわけじゃない
正義や大義を振りかざしたいわけでもない
ただ、還りたいだけ
つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に
悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する
この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う――と
聖槍十三騎士団との戦い 狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き その果てに、蓮はいったい何を見るのか…

Dies irae 〜Amantes amentes〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
Dies irae 〜Amantes amentes〜の感想のレビュー
ファーブラプレイ済
追加要素は正直期待外れだったのでこんな点数
ドラマCDは持ってなかったのでExtraストーリーはありがたかったが、ファーブラやった人が追加要素目当てにこれをやるのはちょっと割に合わない感じ
もちろん新規でDiesをやるなら何も考えずコレ一択でいいと思います

Acta est Fabulaをプレイ済みの方でもオススメです
全て補完してくれます

強烈な個性は認める

予定調和

複数の友人に勧められて購入、さすが、厨二を好む友人の勧めだけあって清々しいほど厨二全開ストーリー、非常に面白いし、読んでいてこんな文章は絶対自分には書けないだろうなとなぜか思うところしばしで、賞賛に値する
ただ横浜家系ラーメンのような、すっきり感の全くない、こってりクド目の文章(それが醍醐味といえば醍醐味)なんで、読んでいて疲れる、長い時間一気にプレーは出来ない
声優の熱弁も素晴らしい
時間のある厨二好きは必須なゲームです

これぞ燃えゲー
これぞ厨二ゲー

「過ぎたる」ものの集合体

トップ