MENU
カテゴリー

Dies irae 〜Acta est Fabula〜の感想

lightのエロゲ

"
タイトルDies irae 〜Acta est Fabula〜の感想
品番views_0360
メーカーlight
値段8046
あらすじ

大地は血を飽食し、空は炎に焦がされる
人は皆、剣を持って滅ぼし尽くし、息ある者は一人たりとも残さない
男を殺せ
女を殺せ
老婆を殺せ
赤子を殺せ
犬を殺し、牛馬を殺し、驢馬を殺し、山羊を殺せ
――大虐殺ホロコーストを
目に映るもの諸々残さず、生贄の祭壇に捧げて火を放て
この永劫に続く既知感ゲットーを
超えるためなら総て焼き尽くしても構わない
1945年、5月1日……ドイツ
陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた
彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた
その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない
彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、 そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく
聖槍十三騎士団――ナチスドイツの闇が生んだ超人たち
彼らはいずれ戻ってくる
そのとき世界は破滅する
ゆえに、再来を許してはならない――と
そして61年の歳月が流れた
彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた
しかし―― 2006年……日本
諏訪原市の学園に通う藤井蓮は、とある事件を境に親友・遊佐司狼と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた
季節は秋から冬に――クリスマスを間近に控えた12月
半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた
失ったものは戻らない
ならせめて、今この手にあるものを大切にしたいと思いながら
しかし、それすらも崩れ去る
夜毎見る断頭台の夢
人の首を狩る殺●犯
それを追う黒衣の‘騎士’たち
常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく
その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常
変わらなければ、生きられない
生き残らないと、戻れない
加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える
何も大層なことを望んでいるわけじゃない
正義や大義を振りかざしたいわけでもない
ただ、還りたいだけ
つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に
悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する
この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う――と
聖槍十三騎士団との戦い
狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き
その果てに、蓮はいったい何を見るのか

Dies irae 〜Acta est Fabula〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
Dies irae 〜Acta est Fabula〜の感想のレビュー
「噂どおりの大作だった
だが自分には合わなかった
」それに尽きると思う
特に主人公(ついでに螢も)が好きになれなかったのが大きい
あの恥ずかしい台詞はなんとかならんのか
その内「その幻想をぶっ壊してやる
」とか言い出しそうだったよ
(あれ?言ったかも?)「幻想○し」かっ
上○当○かっ
(あれ?どっちが先なのかな?)←この作品も挫折したし、自分にはこのノリが駄目なんだろうかな

清々しいほどに厨二ゲー 敵勢力に魅力があるのでスルスル読める
 燃えゲーとしては中の上くらい?  あと、ロリババァ可愛いしベイ中尉も可愛い

厨ニ病全開ッ


って感じですね
あと毎周、あの手この手で螢の愚痴につき合わされるのは実にめんどくさいな、めんどくさい

中二について行けなかった・・・・・・・

色々と不遇で不世出な作品

厨二ゲーの真髄

テンポが悪い
燃えは一級品

トップ