MENU
カテゴリー

SINCLIENTの感想

学生のアダルトゲーム

"
タイトルSINCLIENTの感想
品番views_0296
メーカーBOOST
値段7124
あらすじ

記憶を失った青年『池森徹』は、自身の過去を探るために横浜の街を彷徨う
彼の携帯電話には、かつて自分と関係を持っていた人物の名前と電話番号が残されていた
その一人、彼の恋人を名乗る少女『ミーナ』と共に、失われた記憶の手がかりを探して徹は奔走する
彼をつけ狙う謎の黒服集団と、『内閣情報調査室』の捜査官たち
自室に隠された無数の銃火器、何枚もの偽装パスポート、なにより身体に刻み込まれた常人を遥かに凌ぐ戦闘技能
記憶を失う前の自分が只の一般人でなかったことだけは確かだった……
やがて、巷で話題になっていた『七つの大罪殺●事件』と呼ばれる猟奇殺●事件に辿り着き、そこに自分が関与していた痕跡を見つける
徹が過去に書き記したメモには、七人の人間を殺害する犯罪計画らしき文章が残されていた
『記憶を失う前の自分は……連続殺●犯?』 疑念に囚われ、徐々に疑心暗鬼に陥っていく徹
そんな彼の前に、自分と瓜二つの姿をした謎の男が現れ、事件は急展開を迎える
時を同じくして―― 横浜で開催される日英平和会議のために来日していたイギリス女王がテロリストによって拉致される事件が発生、世界の情勢は徐々に混迷の度合いを深めていく
事件の裏側には謎の犯罪組織『BABEL』と、そのメンバーである『七賢者』の存在があった
渦巻く陰謀、謎を解く度に深まる謎
過去を追い求めた末に、徹が辿り着く真実とは――

SINCLIENTの感想のエロ画像・動画

""""""""""
SINCLIENTの感想のレビュー
B級アクションには楽しめるツッコミと楽しめないツッコミとがあるが、本作は前者
キャラの行動原理も理論も過程と結果も全てがガバガバなのだが、B級アクションとして頭空っぽでやったら結構楽しめてしまうという謎に味がある作品
とにかく謎の楽しさは理屈じゃ説明できないのだけど、とにかく「わー主人公かっこいー」とどれだけ思えるかが肝要
ガバガバな点を一から突っ込み始めると途端に楽しめなくなるので注意
お世辞にも完成度が高いとは言えないが、そこまで破綻なく諸々をまとめた所は評価すべきか
一本道なのは、所々バッドエンドはあってもとは思ったものの、基本的には正解だろう
というよりこの作品、オウム真理教の各種テロ事件が11月作戦まで着実に実行に移された場合に起こりえたことを描いているんじゃないかという気がするのは私だけだろうか?

爽快感がないのと中盤から地味にイライラするゲームでした
一言で言うと安っぽいです

闇鍋みたいなシナリオ エロゲーでは珍しいジャンル?でやってる最中はなんだかんだ楽しかった 終盤人死にすぎ パソコン無容易に触れ過ぎ ミーナかわいい 21gも可愛い シャロのフェラは抜ける シュタゲのライターが書いた
となぜハードルを上げたのか

音声のついたラノベ
駄作ではない、佳作まであと1歩
犯罪と立ち向かう主人公が好きなら、やってみてもいい作品
政治ネタ多し

個人的には嫌いじゃないが・・・

一本道なのが残念だけど、十分楽しめた

厨二病への耐性が必要

トップ