MENU
カテゴリー

戦極姫6 〜天下覚醒、新月の煌き〜遊戯強化版・壱の感想

unicorn-aのアダルトゲーム

"
タイトル戦極姫6 〜天下覚醒、新月の煌き〜遊戯強化版・壱の感想
品番sysa_0047
メーカーunicorn-a
値段5747
あらすじ

発売中の「戦極姫6〜天下覚醒、新月の煌き〜」をシナリオ、システムの両面でパワーアップした遊戯強化版が遂に登場です
収録される新シナリオ3本は 「徳川八犬伝」 「足利家」 「柴田家」 の3大名家ルート全て『天城颯馬』を主人公として、その活躍が描かれます
また、遊戯強化版としては初となる武将の追加によって、シナリオのヒロインも全て新キャラクターとなっています
『臣従』や『兵再編』といった新コマンドや、 回復力を高める巻物などのアイテムの追加でゲーム性もアップし、シミュレーションパートもさらに楽しく快適にプレイできます ※本製品単体ではプレイできません
※ 本体が必要になります

戦極姫6 〜天下覚醒、新月の煌き〜遊戯強化版・壱の感想のエロ画像・動画

""""""""
戦極姫6 〜天下覚醒、新月の煌き〜遊戯強化版・壱の感想のレビュー
戦極姫6本編の方では姫武将のキャラ性が皆無だった為、酷い低評価をしたが・・・
遊戯強化版は榊と言う強個性キャラじゃなく、今まで通りの天城が主人公の為、ちゃんと強化版で出てきた姫武将に個性を感じるので、ADVパートも安定して読めるとは思う
が、八犬伝ストーリーは正直、ゲームシステムとして戦極姫システムでやる必要があったのか疑問
単純に戦って戦って・・・最後の方は作業と呼ぶのも苦痛なくらい
ストーリーや個別ストーリーも戦極姫シリーズは基本的に実際の武将のエピソードや逸話に手を加える形で成り立ってたが、南総里見八犬伝からの引用的エピソードなんて八つの玉位で、後は玉梓や伏姫の名前や設定だけ借りてきたに過ぎない
どうせなら八犬士も新登場させるか個別のエピソードを作る位の事をしなきゃ意味が無い
柴田家シナリオでは信長の従兄弟の設定で市が出てくるが・・・まぁ、今まで(信長が死ぬまで)秀吉が会った事ないとか有り得なくね?とか、実は小さい頃は市の小姓で天城が付いてたとか、辻褄が合わないような強引な設定でやってるので、受け入れ難い人はいる筈
足利シナリオには特に不満はなし
遊戯強化版での新システムについては・・・ 臣従は特に使い所がない(臣従させる位なら姫武将ごと領地を頂く) 兵再編は一般武将の過剰兵力を再編するのに役立った
朝廷工作は正直あっても無くても・・・位な感じ
春のみだし、工作してても必ず来る訳ではないので、保険とか気休めみたいなもの
総評としては、買っても良いとは思うが、システムに若干の改善があるものの、正直、5000円出すなら他のゲーム一本買った方がと素直に思う
元々の本編があれなので遊戯強化版で天城が頑張っても、個々の姫武将の個性が戻る訳ではないのは当たり前なので、遊戯強化版2が出るとは思えないが、また万能主人公榊が出てきて荒れるかも知れないし、荒れなくても姫武将の個性は帰って来はしないので、素直に7を待つか、見切るか・・・かも知れない

2015年kotye大賞
あまりにもハードルが高すぎてクソゲーとして愉しむ事も出来ないし、過去作をやっていなければ普通のゲームとしても微妙
もっと他に大賞に出来るような作品は無かったんだろうか?

過去作プレイヤーレイプゲー

ダブル主人公の時点で限りなくやる気はなかったけど、いつものごとく購入してプレイしたものの我慢の限界が来た

新主人公まるで最低系二次創作の主人公そのまま

トップ