MENU
カテゴリー

箱庭ロジックの感想

Cabbitのエロゲー

"
タイトル箱庭ロジックの感想
品番scfbht_0001
メーカーCabbit
値段5800
あらすじ

主人公・和久井新は、作られた街『千羽市』で暮らす学生
千羽市は通称・箱庭市とも呼ばれており、都会のミニチュアとして数年前に人を集めて作られた街だ
小さな街でありながら、都心と変わらない施設も多く、人口密度も高い
新は10月のある日、鶴羽学園の学生会である、紅鶴会へ呼び出される
そこで会長である綺堂雫に、ある事件の捜査をしてくれないかと頼まれる
この街では、今年の4月から不思議な事件が起こっていた
連続少女行方不明事件
新の通う私立鶴羽学園では、4月から学生が6人も行方不明になっていた
目撃証言が何もないところから、大きな事件じゃないかと疑われている
行方不明の学生と全く接点がないから頼んだと言うこと、 学園側もこの事件を怪しく思っているらしいから、 なんとなく、それなりに、捜査をしている振りだけしてくれればいいと
新は面倒くさいと断ろうとしたが、雫はなぜか新がこの街に来る前に行っていた創作活動…… 厨二病全開の黒歴史小説の詳細を握っており、半ば脅されるように了承させられる
手探りでなんとなく捜査を始める新
唯一知り合いのド変態後輩・入谷瑚子は、行方不明の少女と親しかったらしく、共同捜査を申し込んでくる
また、突然現れた謎の少女……制服に探偵のようなケープをした少女・前園霧架は、この事件はこの街に大きく関わっている……と口にする
探偵気取りの少女・霧架に、ド変態ドM元気っ娘・瑚子
どちらかをパートナーに選ぶことで、物語は違った視点から動き始める
箱庭の街『千羽市』と、謎の失踪事件……
捜査を進めながら、いろいろな人と関わり、物語のカギを集めていく
「さあ、新くん、ボクと一緒に、この街の秘密を暴こうじゃないか」

箱庭ロジックの感想のエロ画像・動画

""""""""""""
箱庭ロジックの感想のレビュー
真相を知るためには全キャラ攻略が必須になります
シナリオのメインとなってくる霧架、瑚子√にはロックがかかってるので先に他のヒロインを攻略したほうがいちいち戻らなくて済むのでいいかも
ただフローチャートシステムがあるのであまり気にする必要もないとも思います
全キャラ攻略必須とはいえ真奈、雫、萌美とどのキャラも可愛かったので攻略するのは苦にならないかと
真相にたどり着けないとはいえなにかと関わってたりもしますし
個人的には萌美先輩がそういう人だったのかとちょっとびっくりしました
関わってる人の関係上true end後にちょっとしたシナリオが追加されたりも
システムはもう少し細かく設定できたら嬉しかったかなと思いました

ギミックの都合上、視点や時系列がバラバラでなおかつ坦々と進んでいくので、一気にプレイしないと物語に没入するのは難しいのではと言ったところ
と言ってもそこまで派手さのあるようなシナリオでもないので好き嫌いも別れそうである
個人的には結末に納得がいったので良かった
お気に入りのヒロインは萌美

物語そのものより攻略システム面に問題がある

種明かしがもう一歩?

しっかり作り込まれているが、もう少し驚きが欲しかった

ジャンルとしては、探偵ものです
目的は学園内でおきた、生徒行方不明事件の真相をあばくことですね
ゲームとしては、ヒロイン一人ひとりに、謎を解くカギがあり、ヒロインを攻略するごとに、ルートが解除されていきます
真相に向かうまでは、すべてのヒロインルートを見なければいけないので結構お話としてはながいですね
各ヒロイン特に主の二人以外でも、何かしら事件にかかわってたりしますので、サブヒロインのストーリーも重要となります
初めは甘くみていましたが、みいってしまいました
非常にお勧めです
 描写としては奇怪な表現はテキストと音楽のみとなっていますので、残虐シーン?など苦手な方でも大丈夫かと

主人公にまったく引かれない、ヒロインはいいのに

トップ