MENU
カテゴリー

果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]の感想

少年のアダルトゲーム

"
タイトル果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]の感想
品番sccd_0003
メーカーTOPCAT
値段3982
あらすじ

始まりは安曇学園の閉鎖だった
いつか……
ふと思ったことがある
俺の胸の中で永遠に繰り返されるだろうこの物語は実は俺たちだけが見た幻ではないだろうか…
安曇学園が閉鎖となったこの年、俺たちはうつりゆく季節の中でお互いの大切さを確認し合った
現実とも言えないあの時間の中では、それだけが自分を確認できる唯一の手段だった
だが、他人は言う
「そんなことは何もなかった
お前は幻を見たのだ」と
それでいいのかもしれない
夢であれ幻であれ、俺はこの事を忘れはしない
彼女が俺を優しい笑顔で見つめてくれるのなら、俺は何よりもそれが一番大切だから

果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]の感想のエロ画像・動画

""""""""""
果てしなく青いこの空の下で…。[完全版]の感想のレビュー
廃校(モラトリアム世界の崩壊)というキーワードが契機の、六人から二人への物語
作品の核は恋愛と伝奇
日常から非日常へ、非日常から日常へ、と揺れ動く物語の中に未熟な少年少女の影二つ、寄り添う姿
その揺らぎは、ヒロインの心模様にも似ていて
主人公の物語
ヒロインの日常を拾い集めたり、「一時的な安息」を「それ以上のもの」へと変えるべく奮闘したり
ヒロインの精神的支えだったり、みんなの王子様だったり

ギラギラした目のエロゲーマーがやる作品ではないかもです

伝奇物の名作のリメイク版
季節ごとに起承転結がはっきりしており、だれない

謎の魅力

すごい
圧巻の一言
一般小説の文体に寄せているというのもあって非常に読みやすかったし、話の引き込み方が非常にうまい
始めたら止まりませんでした

田舎の雰囲気が秀逸だが、物語細部の説明がない

初回特典のCDドラマで堂島に掘られるとか・・・

たかみち絵のおかげでエロシーンこそ少ないものの印象深い

トップ