MENU
カテゴリー

クリムゾン・ルナティクスの感想

教師のアダルトゲーム

"
タイトルクリムゾン・ルナティクスの感想
品番root_0020
メーカーTriangle
値段5500
あらすじ

空の上に浮かぶ巨大な人工島に作られた、魔法の専門家を育成する学園
『インテグラル・ソーサリアン・アカデミー』
外界から隔絶された全寮制で、中世ヨーロッパの寺院を思わせる荘厳な雰囲気と厳しい規則の中で、 専門知識を養うための魔法の高等教育が行われている
だが、世界中の魔法知識が集まるため、この学園は魔界からも狙われていた
ある夜、大量の魔物や使い魔たちが学園を襲い、多くの教師や生徒たちが犠牲となった、『紅い月の夜』と呼ばれる事件が発生する
この事態を収拾するために、生徒会主導により、優秀な学園生を集めた退魔チーム『アンチスペクター』が結成された
最初は苦戦していたが(この段階で何人かが犠牲に)、予備科からの二人(巫小耶と茅南)の加入により一気に形勢が逆転する
魔物から学園を守護するために結成された退魔チームの活躍で事件を首謀した悪魔が封じられてからは、 学園は平和に保たれており、時折出現する残りの魔物達もチームによって退治されていた
退魔チームを構成しているのは、学園選りすぐりの優等生達で、いずれ劣らぬ美少女ばかりとあって、学園中の羨望と尊敬を集めていた
彼女たちは退魔任務に当たる際に自らを守護する存在から力を借り受けて身に纏い、変身する
主人公は、魔導士の資格を得て富と権力を握ろうという野心を持ち、難関の一般入学試験をパスして入学した新入生
退魔チームと魔物との戦いに巻き込まれて命を落とした主人公だが、ある悪魔によって生き返らせてもらう
それは、ヒロインたちによって封じられた、『紅い月の夜』を首謀した悪魔モルフェリスだった
主人公を救った悪魔の交換条件は、自分を封印せし学園を守護するヒロインたちを淫らに調教して淫魔に貶め、封印を解けというもの
『次に月が紅く染まるまで』という期限を設けられ、それまでに達成できねば命は失われるという
悪魔の能力の一部を譲り受けて目を覚ました主人公を待っていたのは、心配そうに彼を見つめる退魔チームの面々
このことをきっかけに、主人公はヒロインたちとの仲を深めていく
悪魔の能力を身につけた主人公は退魔チームにもその力を認められ、半ばチームの一員となっていく
この立場を利用し、協力者を装いながら、 いつやって来るのか分からない次の『月が紅く染まる夜』までに条件を達成しようと、主人公による調教計画が始まる

クリムゾン・ルナティクスの感想のエロ画像・動画

"""""
クリムゾン・ルナティクスの感想のレビュー
トップ