MENU
カテゴリー

閉鎖空間RPG 廃墟生活24時の感想

学生のエロゲ

"
タイトル閉鎖空間RPG 廃墟生活24時の感想
品番RJ308606
メーカー九嬢餡
値段1,430円
あらすじ

【作品解説】 廃墟での生活を舞台に深層心理・哲学をテーマにしたRPG作品
登場人物18名
(H攻略可能人数10名) 2D/3Dと二種類の移動MAPで表現された廃墟生活が目的
【SYSTEM】 ・場面によって切り替わる2D/3DMAP画面 ・3 ON 1のパーティチーム編成(前半はメンバー固定) ・脱衣要素を含むコミュニケーション戦闘 ・Hシーン時の簡易FINISHアニメーション機能 ・周回プレイ機能 【STORY】 ある雑誌に記載されていたのは時給70000円の数字
数日間に及ぶ高額なアルバイト料の仕事に高校生男女11人が集まった
全員が高校生18歳という年齢
条件は制服で参加する事
その中に双子、相葉姉弟の姿もあった
彼女達を運ぶ送迎バスは得体の知れない山中へと向かう
そこにあったのは、大きな一軒の薄汚れた廃墟であった
アルバイトの仕事内容は以下の通り
「閉鎖空間内での共同生活における感情・及び精神状態変化」 これらを調べる臨床実験である
この内容に疑いを持ちながらも高額なバイト料を餌に皆は同意
実験は遂に開始される事となった
後に知る
高校生達「アルバイト」11名とは別に 「スタッフ」と呼ばれる数名の別の集団が廃墟内に居る事を
彼女達は、その事にまだ気付いてすらいない……
【製品概要】 ジャンル:廃墟生活RPG 対応機種:WINDOWS プレイ時間:17時間程度(デバッガー調査基準) Hシーン攻略人数:10人 Hシーン回数:30回(ピクチャ数186枚) フィニッシュアニメーション数:28回 戦闘脱衣シーン:10人+a(ピクチャ数79枚) アイテムの取り逃し等、取り返しの付かない要素は一切ありません
全ての要素は、どの段階でも戻り回収可能な設計です
回収要素に神経質にならず楽しめます
(同サークルの他作品も同じ仕様です
) ※旧サークル 甘黒堂のご案内 https://www.dlsite.com/maniax/fsr//keyword_maker_name/%E7%94%98%E9%BB%92%E5%A0%82+RG25184/ana_flg/all/from/work.same_maker

閉鎖空間RPG 廃墟生活24時の感想のエロ画像・動画

"""""
閉鎖空間RPG 廃墟生活24時の感想のレビュー
いつも愛してやまない九嬢餡さんの作品
刻々と変わる作品の雰囲気と青春の悩みが激化し、流れ行く物語の展開は最後まで予断を許さないものでした
話の結末はどうかご自分で確かめることをお勧めします
制作者の他の作品に関わる部分も多少含まれており、知れば知るほど見えてくる楽しさもあると思います
仕事が忙しくて4ヶ月も過ぎてからプレーすることができたってことが悔しいですね
もっと早くやりたかった…

時給70000円にも達する高額アルバイトに集まった高校生達と奇抜なグラフィックを特徴とするスタッフ達による廃墟生活を追いかけたストーリー
その廃墟での強制的な共同生活の中で、これといった特別な生活課題を出されるわけではないものの、登場人物全員の行動を、主人公レンジを操作することで一人称視点で追いかけると同時に、ゲームプレイヤーとして全体を俯瞰して観察することで二重の楽しみ方が存在する
これまでも当サークルさんの作品では他のサークルさんとは異なったストーリー性やテーマ性を掲げて来られたわけであるが、問題提起こそすれど、その解決方法(テーマの昇華方法)には「逃げ(その状況を捨てて脱出する)」の姿勢がどことなく感じられたものだった
しかし今作ではストーリー中で浮かび上がった大きな問題に、若さ溢れる高校生達がどう立ち向かうのか、どう解決するのかが、非常に痛快だった
多種多様なヒロインを今作でも、これまでも輩出されてきたサークルさんだが、実は男主人公にも魅力的なキャラクターが多い
今作主人公のレンジもまた魅力的な男主人公であり、その魅力あってヒロイン達に囲まれるハーレム的な環境に恵まれるものの、みっともなくも双子の姉へのシスターコンプレックスを貫き叫んだ姿勢には親近感が持てる
今作は『対話』を語っているものの、本命は暴露大会、いや暴露祭
思いを閉じ込めておかずに、ともかく我先にと叫んだ者の勝ちだった

学生の四日間、その中でのとてつもない高額バイトを懸念に思いながらも集まったメンバーに起きた異常事態
戦闘方式は旧サークルのビリー・ミ×ガンにサヨナラの花束を受け継いでいて戦闘でありながら会話によるコミュニケーションでの事態の解決を図る方式 エロとしてもいいけどストーリーや人物関係の深さがこのゲームを更に面白くしてくれている

このサークル様は名前を変える前からお世話になっています
毎回とても内容が深くて無心で進めていってしまいますね
今回に作品も少しコメディータッチなのですが、奥が深すぎる作品になっておりました
登場してくる女の子たちは、以前のようにオールつるぺたではなくなっています
そこまでロリロリした性癖を持っていなくても十分楽しめるキャラ設定になっているのがサークル名を変えた理由なのでしょうか
でもどのキャラも可愛くて下着にもこだわりがあるように感じてとても満足しています
ただ、ストーリーやゲーム性にこだわった分、すぐにそういったシーンを望んでいる方には向いていない作品だと思いました

トップ