MENU
カテゴリー

Dilemma~リリスの胃袋~の感想

JKのエロゲ

"
タイトルDilemma~リリスの胃袋~の感想
品番RJ175039
メーカー木工用ノスタルジィ
値段
あらすじ

■更新情報 ○ver1.11 ・追加チャプター1の開始時に分岐イベントを回想できるようになりました
○ver1.10 ・追加チャプターを実装しました
(エンディング閲覧後、男主人公チャプター選択から実行できます
) ・その他、細かな誤脱及び不具合の修正を行いました
*これより以前の更新情報につきましては付属の更新履歴をご覧下さい
■ストーリー ふとしたことから、淫魔の洞窟に囚われてしまったあなた
次々に襲いかかる快楽を前に屈してしまうのか、 それとも、誘惑を振り切って未来を掴むか―― すべてはあなたの選択に委ねられています
■ゲーム概要 ○ジレンマ・ロールプレイADV 逃げるか、堕ちるか
あなたを誘惑し、快楽の虜にしようと襲いかかる 様々な魔物娘やモンスターたち
とはいえ、あなたはいつでもその窮地を脱することができます
けれど、一度逃げてしまえばそれで終わり
その先の快楽を知ることはできません
手遅れになる前に逃げ出すか、ギリギリまで快楽を楽しむか
そのジレンマのロールプレイを是非、お楽しみください
Hシーンは全13シーン(基本CG12枚)となります
■みどころ ○異なるふたつのストーリー あなたが選んだ性別によって、あなたを襲う脅威も変化します
男の旅人であるあなたに襲いかかるのは リリスやアルラウネ、ウェアラットといった魔物娘たち
自らの身を案じて早々にげるのも、 抵抗せずに彼女たちのもたらす快楽に身を委ねるのもあなた次第です
女の冒険者であるあなたに襲いかかるのは オークやスライム、触手といったモンスターたち
彼らの責めに抗えず即堕ちしてしまうのも、 あきらめずに脱出の糸口を掴むのもあなた次第です
【キャラクターグラフィック製作】 ICO 様 http://www.pixiv.net/member.php?id39789 【グラフィックデザイン協力】 夏木千夏 様 http://www.pixiv.net/member.php?id1405243 *購入前に体験版にて動作確認をお願いいたします
*追加、修正等によりデータを差し替える可能性がありますので、 会員登録後のご購入を推奨します

Dilemma~リリスの胃袋~の感想のエロ画像・動画

"""
Dilemma~リリスの胃袋~の感想のレビュー
淫魔のテリトリーである洞窟に諸事情で迷い込んだ男女が、それぞれ奮闘して脱出を目指すADVです
男性サイドは誘惑系、女性サイドは陵辱系とはっきりテーマが分かれていますので、割り切って物語を読み進めていく事になります
Hシーンは男女ともファンタジーでお馴染みのモンスター達が相手である事が多く、一部はウツボカズラの甘噛み(♂)、スライム責め(♀)など、特殊なプレイもありました
男女どちらも丁寧な描写でしたので、SかMどちらかのみの嗜好でも満足できるかと思いますが、全体的にややMシチュの方に力が入っているように感じました
キャラデザもふんわりしつつどこか淫靡で、この作品の雰囲気にとても合っているように思います
システム上でセーブ&ロードはできませんが、一度見たチャプターは再度ご覧になれますので何度でもチャレンジできます
取り返しのつかない要素はありませんのでご安心下さい
この作品の最大の魅力はプレイヤーの判断で「いつ物語を分岐させるか」という独特のシステムです
通常のノベルゲームだと「誘惑に耐える」or「誘惑に流される」という選択肢なりが出て我々はそれを選ぶわけですが、この作品にはそういった選択肢が一切出現しません
代わりに好きなタイミングで誘惑を振り払う事ができますが、ずるずると展開が進む事に誘惑の深度が深まり、やがて手遅れになると脱出不可能、ゲームオーバーとなります
このジレンマが従来のADVにはない独特の臨場感を演出しており、まさに「誘惑されている」実感が得られて大変素晴らしかったです
ちなみに女性サイドでは「(陵辱に)あきらめる」がちらついて快楽に流される誘惑と戦う事になり、男性サイドとは逆で最後まで我慢すればチャプタークリアとなります
誘惑系が好きだけど何か新しい刺激が欲しい、という方は購入を検討してはいかがでしょうか

RPG要素もありますが、個人的にはADV要素のほうが強めだったのではないかと思います
チャプターごとに選んで攻略していくことが出来ますので、見たいシーンを選んでやることが出来ますし、少しずつでも攻略していくことが出来るかと思います
ストーリーも男の子と女の子の主人公によってそれぞれ話がありますので、最低でも2週は楽しめるかと思います
どこでコマンドを使うかによって展開が変わりますのでそれ以上に楽しめるかと思います

トップ