MENU
カテゴリー

恐竜戦士 ダイノレイカーの感想

ぬぬにねのんのエロゲ

"
タイトル恐竜戦士 ダイノレイカーの感想
品番RJ174901
メーカーぬぬにねのん
値段
あらすじ

●ストーリー 母を悪の組織バルゲニアに殺害された主人公
成長後、地球防衛軍に入隊し、変身ヒロインとなって組織に戦いを挑む
●ゲームシステム 変身ができるようになってからは、メニュー画面上の「アイテム」画面から 変身アイテムを使用する事で一部の場所を除き、いつでも変身と変身解除をすることができます
敵に敗北したりすると堕落値が溜まっていきます
●頑張ってる女の子の心が折れる系が好きな人向けです 基本CG数13枚(立ち絵、差分含まず) シーン数63+ Hイベントは一度見た物は回想部屋でもう一度見ることができます
本作品はRPGツクールVXAce を使用しています
本作品をプレイするには、RPGツクールVXAce RTPが必要になります

恐竜戦士 ダイノレイカーの感想のエロ画像・動画

"""
恐竜戦士 ダイノレイカーの感想のレビュー
意外なところからのパンチに圧倒されたような感覚の作品でした RPGとしてはほぼ意味がなく、戦うヒロインの表現方法の一環として割り切ったほうがいいかも知れません 絵も美麗とは言い難く人を選ぶものでしょう ですがそんな些事を吹き飛ばすパワーというか、熱量を感じる作品です ピンチに陥る正義の変身ヒロインが好きだ
それを18禁RPGにするぞ
という一本筋の通った熱意です 好きなものを形にする、同人作品の姿を見ました

紹介画像がシンプルすぎるために伝わってこないが、他の方のレビューにあるように主人公の個性も描かれているし、実に様々なシュチュエーションがある上、しっかりと堕ちるまでの過程も描かれている
相手の怪人も様々で産卵やふたなり、寄生などもあるためそこらの商業の変身ヒロインものと比べてもエロの描写は遜色ないほど
RPG部分はヒロインの強さや弱さをイメージさせるようなもので、おまけのようなものだが、後からでもシーン回収は可能なので問題なし
CGのレベルが高いとはいえないが、値段を考えれば十分なレベル
体験版の範囲だとシーンは少ないですが、その後どんどん出てくるので問題はありません
迷ったらぜひとも

イラストが綺麗でもエロシーンのシチュやキャプションが淡白なRPGにコレジャナイを感じてる紳士に強くおすすめしたい
主人公は両親が正義の変身ヒーローという、正義の遺伝子を受け継いだ正義感溢れる女の子
天性のスペックを誇っているためまともに戦って負けることはありません
しかし我々から見たらとてもわかりやすい卑劣な罠が彼女を待っています
私がオススメした理由一つはキャラクターの魅力
両親が正義の味方で身も心も正義の塊で、これから汚されると思うと非常に興奮させてくれます
トイレを調べるともれなく壊します
二つは陵辱関係で外せないシチュをしっかり抑えてる事です
孕ませにも陵辱者による托卵と被陵辱者の卵子を用いた受精がありますが、この作品にはどちらもあります
催眠の属性は当方持ち合わせておりませんでしたがこの作品で開眼しました
三つは上記二つを演出するキャプションのほどよい重さ
キャラクター身辺のやり取りは特撮地味たギャグを軽く絡ませながらささっとわかりやすく、 エロパートでは背徳インモラルや陵辱等のアングラ性癖に必要とされるネットリとしたキャプションにとても興奮出来ました
つまり遊園地最高

あまり洗練されているとは言いがたい戦闘画面とマップに ぱっとPRを見ただけでは買いかどうか判断に悩むが、 堕ちモノとしての要所は抑えており 限定的な範囲ながら露出イベントもあり
変身中のコスチュームでのプレイも充実しているためボディスーツ好きとしては高評価な逸品

トップ