MENU
カテゴリー

民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04の感想

クリメニアのエロゲ

"
タイトル民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04の感想
品番RJ136535
メーカークリメニア
値段
あらすじ

■ストーリー 悪の秘密結社と戦う企業『民間正義会社』によって命を助けられた少女ナツメは 自分もその一員となって戦うことを決意する
しかし戦闘で敗北すれば陵辱されてしまい、 運営資金のためには枕営業をさせられることも……
果たしてナツメは戦い抜くことができるのか―――
■体験版 最初の10週をプレイできます
本作品をご購入される前に、必ず体験版で動作確認をお願いします
※本作品はRPGツクールVXAceで制作されています
プレイする前に必ずRPGツクールVXAce RTPをインストールしてください
■不具合修正等アップデートを行う可能性がございますので、DLsiteへの会員登録を強くお勧めします

民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04の感想のエロ画像・動画

"""
民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04の感想のレビュー
悪の秘密結社と正義の味方の戦いが日常化している特撮風な世界で、ひょんな事から正義の味方として戦う事になってしまったヒロインが活躍するHRPG
RPGではありますがシステム的にはシミュレーションゲームに近く、秘密結社に占拠されたエリアで戦い解放する最中、自身や施設強化を行ったり、その為の費用を稼ぐ為に正義の味方に出資してくれる会社へ営業したり、更には営業成功率を上げる為に知名度稼ぎの宣伝を行ったりと、なんだか普通な会社員のように色々こなしながら正義の味方を行っていくというちょっぴりリアルな雰囲気が面白い点です
しかし基本は18禁RPG、そんな色々なイベント内にも大量のHシーンが仕込まれており、敵一般兵や怪人に敗北した際の敗北陵辱は勿論ながら、営業ではより出資してもらう為に枕営業を行ったり、宣伝で出るTV放送では裏番組なる企画に参加して表では放送出来ないようなあられもない痴態を放映されてしまうなど、なかなかに凝っており飽きの来ないゲームになっていますね
Hシーン傾向としては上で書いた通り、敗北陵辱、枕営業、裏TV放送の3種類がメイン要素となっており、敗北陵辱では敵に無理矢理に犯されるという事で拒み嫌々ながら種付けされるというレイプ色強いモノ、枕営業は基本的に暗い雰囲気は無く、ヒロインもノリノリでエッチを楽しむような展開が多め、裏TVは直接的なエッチ描写はあまりないですが、羞恥プレイや露出系など、撮影されている、という事を念頭に置いた特殊なプレイが多く、またそれぞれにおいて段階を踏む事で過激なシーンになっていくシステムもあるので更に楽しめます
ぱっと見は特撮系なイロモノRPGに見えますが、その実態は現実的な世界観で繰り広げられる現代風HRPG
定番の敗北陵辱から売春に近い枕営業など、兎に角色々楽しめる作品ですので、体験版の雰囲気で気に入った方は是非

シミュレーション寄りのRPG 一週間が1ターンで、全52ターン ヒロインを強化したりスポンサーを増やしたり雑魚狩りをしたりと色々やりながらステージをクリアしていくのが楽しかったです 引継ぎありで周回できるため、詰みという状況はないと思います エロシーンは大別して敗北エロ(陵辱系)、枕営業(売春風)、裏TV(露出寄り)の三系統に別れています それぞれ個性があって良かったですが、個人的に気に入ったのは裏TVですかね 真面目に正義の味方をしようとするヒロインが見られる快楽に目覚める姿がエロかった 続編も作れそうな終わり方だったので、その辺りもちょっと期待しています

ゲームとエロがしっかりと作られた最高の作品です
ゲームパートは調整に調整を重ねた結果まったくのストレス無しなゲーム性になっており、気づいたらまったくエロシーンを見ずにクリアなんてざらです
さらにエロシーンは非常にエロくいわゆる、ゲーム性は良いけどエロは駄目なパターンではありません
ここまでベタ褒めしてしまいましたが、はっきりと言える事があります
このゲームをやらないのは非常にもったいない


ps あまりにも内容がよかったのでエロのレビューを簡易的に紹介します
メインは敗北エッチと芸能活動の2つになりますが敗北エッチでは雑魚戦闘員に土下座して許しを請うシーンや全国ネットで進んで犯されているシーンを生放送などがあり、芸能活動ではやっぱり全国ネットでエロいことされます
少しでも良いと思ったそこのyou買っちゃいなよ




恥辱攻めがとても丁寧に書かれています
凌辱の様をテレビ中継されたり、その反応を町民に聞けたりとても丁寧に書かれており感動しました
枕営業の様を隠し撮りされその時の感想をテレビでインタビューされたり、恥辱攻めに特に力が入っているよう感じました 正義のヒーローが凌辱される様を見るのが好きな人に是非ともおすすめです
ゲーム性も周回要素があり、楽に回想を埋めることも可能です

トップ