MENU
カテゴリー

– 魔姫の騎士2 -の感想

Hige to dekoのエロゲー

"
タイトル– 魔姫の騎士2 -の感想
品番RJ122841
メーカーHige to deko
値段
あらすじ

< 作品概要 > 前作、「魔姫の騎士」の続編となります
本作品はシミュレーションRPGになります
主人公やヒロインやサブキャラを操作し、襲い来る敵を倒しましょう
総勢12名の仲間と多くの敵将軍との戦いがメインとなります
レベルアップ、クラスチェンジ、仲間をマップ上で接近させる事で 得る支援効果、敵を倒す事で上がる士気効果を駆使し、巨大な敵に立ち向かいましょう
< エッチイベントの流れ > 1マップ毎に戦闘に勝利するとイベントが発生します
イベントの中の選択でヒロインをハッピーエンドへ導くか、バットエンドに導くが決まります
ゲームクリア後は全てのイベントが参照できます
※戦闘の敗北エッチイベントなどはございません
< 前作からの主な変更点 > ・前作では「祈る」以外のスキルを自由に選択して使用することが 出来ませんでしたが、幾つか使用出来るスキルを増やしました ・戦闘および会話をスピーディーに行うために、待機時間等を極力減らす形にしました
・戦闘が苦手な方の為にイージーモードの追加を行いました
(ストーリーに影響ありません) ・士気機能 仲間が死んだりすると下がり、敵と戦うと上がる士気というステータスが追加されました
< システム情報 > 戦闘ステージ23マップ
CGは基本31枚,差分含め124枚となります
画面は800×600もしくはフルスクリーンとなります
< 物語 > 全世界を手に入れようとした、ギルウェアの宰相の「キジコフ」を 魔王の姫「アリナ」と共に打ち破った「リディル将軍」により世界に平和が訪れた
戦争に加わっていた、主人公「トーマス」は訪れた平和を享受して 故郷に帰ることを決めた
しかし、故郷へ戻り、妹の「リリーナ」が経営している孤児院を手伝っていると、 「トーマス」の住むマテレート地方で子供を攫う事件が多発した
子供を攫う盗賊団達は、ギルウェア帝国を名乗り、各国で同様の 犯行に及んだ
各国はこの困難を乗り越えるべく「ディブート国」を主導に 連合軍を作り上げ、「ギルウェア帝国」に宣戦布告を行った
巻き込まれていく民と家族達、虎視眈々と覇権を握ろうとする 第三勢力を含め、「トーマス」は無事、家族や仲間を守りきれるか? < 注意事項 > 動作確認用に体験版を用意しております
※セーブデータは引き継げます 購入前には必ず動作確認をお願い致します

– 魔姫の騎士2 -の感想のエロ画像・動画

"""
– 魔姫の騎士2 -の感想のレビュー
●満足点 ・戦闘のパズル的中毒性とその面数 ・新要素による戦術の広がりとキャラ立ち強化 ・キレのよいテキストで挿入される群像劇 ・天然の色気を放っていた絵の技術的進化 ・作り手の前へ進む姿勢と転ばないバランス感覚 ・お気に入りキャラ(隻眼の女将軍)の新立ち絵での再登場 ●不満点 ・BADの最終的絵面が前作に比べダークさ低め 3人のヒロインとの純愛&寝取られを裏テーマに、 敵味方の群像を描きつつ戦記ドラマが進行していく構成は前作を引き継ぐものですが、 主人公、ヒロイン勢とも一新されているため、今作単独で十分楽しめる作品となっています
新ヒロインの中では「愚直系黒髪弓騎士」が好みでしたね
また戦闘面キャラ立ち面で今作大きく貢献したのが、 固有スキルとレベルUP時のランダム成長の採用だと思います
将来的な入れ替え要員と目されていたため我が軍の黒タラコ唇は計画性なく育てられ、 そのタフガイ的面構えを裏切る鈍い
脆い
弱い
のがっかり三重苦戦士へと成長しましたが、 いるだけで効果大という強スキルもちであると中盤以降気付き、 結果最終盤まで自分に舌打ちされつつ戦場の置物としてスタメン固定されていました
しかし最後の最後のレベルアップでちょっと見返してくれたりなど、 何やら終わってみれば彼こそが自分にとっての主人公だったような気さえします
前作で魅力的だった絵は洗練され、黒エルフ姉妹の褐色に光る脇腹はおろか、 豚のような無能将軍の立ち絵にすら見入ってしまうほどでした
美女はもちろんゲスがゲスなりの輝きを放っているのが、 絵、テキスト共通してこのシリーズの売りになっていると感じます
また不満点に上げた堕ち方に関してはあくまで個人的嗜好ですので、 過激すぎるのは苦手という方には逆に良い按排かと思います
「サークル買いで大丈夫」再びそう思わせてくれる良作でした

本作は”マテレート地方”出身の傭兵「トーマス」が、戦争の終結により故郷へと戻るところから物語が始まります
帰路の途中に出会ったダークエルフの姉妹「リビエ」と「ニケア」や孤児院を経営する妹「リリーナ」と平穏に暮らす日々の裏で、 「トーマス」は忍び寄る悪意に巻き込まれ、仲間と共に再び戦場へ立つ事になるのです
前作のシミュレーションRPGシステムをよりパワーアップした本作は、さらに腰を据えてゲームを楽しめるようになっています
特に多数の魅力ある仲間キャラクターたちに専用スキルがついたことで、 より愛着を持って育てることが出来るようになった点は見逃せません
また前作の正当な続編ということで、前作に登場したキャラクター達のその後が垣間見れるというのも嬉しい仕様です
王道シミュレーションRPGが好きな方、 複数いるキャラクターから好みのキャラを育てるのが好きな方、 前作が好きだった方にはオススメできる一作です

トップ