MENU
カテゴリー

ワルキューレロマンツェ More&Moreの感想

Ricottaのエロゲー

"
タイトルワルキューレロマンツェ More&Moreの感想
品番qual_0009
メーカーRicotta
値段7130
あらすじ

恋と馬上槍試合(ジョスト)は真剣勝負
爽快スポコンラブコメ「ワルキューレロマンツェ」が再び開幕
2012年秋に発売された『ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語]』
ジョストの試合を舞台とした、スポーツエンタテインメントとラブロマンスを描いた少女騎士達の物語が、もっともっと進化した
サブヒロインとして物語を彩った彼女たちとの「もうひとつ」の物語
友人であり生真面目な大和撫子の龍造寺茜
高飛車ながらも気の良いお嬢様のベルティーユ・アルチュセール
そして、貴弘が騎士へと復帰することを信じている従姉の柊木綾子
茜の姉、ベルティーユのライバル、貴弘に好意をよせる下級生など、魅力的・個性的なキャラクターも新たに登場
新ヒロインたちとのひたむきな様子が、泣いて、笑って、感動する、爽快スポーツラブコメとして、さらにパワーアップ
もうひとつの恋模様は、‘もっともっと’旋風を「ワルキューレロマンツェ」の新世界に巻き起こす

メインヒロイン達は幸せいっぱいの「その後」の物語
貴弘と共に奮闘し、結ばれた彼女たちとの甘い生活に新たな展開が
? 後日談では終わらずに‘もっともっと’をプラスしたショートストーリーをお届け

少女騎士たちと仲間の汗と涙の熱闘、そして恋模様を新たなワルロマワールドを「More&More」で展開します

ワルキューレロマンツェ More&Moreの感想のエロ画像・動画

"""""
ワルキューレロマンツェ More&Moreの感想のレビュー
(本編も含めて)「相手が主人公の考えていることを言い当てる」⇒主人公『~は意外に鋭いところがある』『~には敵わないな』・・・このパターン多すぎ
エスパーか
よくある遣り取りなので否定はしないけど、この作品は多すぎると思う
(自分だけなのかと思ったけど、他のレビュアーさんも書かれていたので気のせいではないと思う
)内容はFDらしくサブキャラ昇格ルートと、本編ヒロインのSS
本編楽しめた人なら楽しめる内容になっているのではないだろうか
本編を楽しめなかった私にはプレイがきつい作品となった


綾子先生ルート以外は微妙すぎる
もう少し熱い展開が欲しかった
あと16:9じゃないのが残念

茜ルートクリアー

茜、ベルティーユ、綾子ルートはそれぞれ違った楽しみ方ができた
特に茜ルートは本編に近い出来だった
SSについては可もなく不可もなくで、好きなキャラだけ見ても問題はないと思う(ただしコンプ狙いなら別) シナリオについては少々無駄な部分があり残念
もう少しコンパクトにまとめられたはず
回想シーンは抑え目で、それ目的だとやや物足りないかもしれない

タイトル通りです
ファンディスクとしては秀逸ではないかと思います
新攻略対象として茜、綾子先生、ベルティーユ様 (各Hシ-ン6、6、5) さらに前作ヒロインのアフターストーリーもあります
(ただし、Hシーンはひとつずつです
) アフターストーリーは本当におまけ程度です
やはり本丸はメインヒロインの三人でしょう
内容もなかなか楽しめましたし、茜がかわいすぎて これだけでも買ってよかったと思っています
ただ、各√でさらに魅力あふれる新キャラが登場するのですが もう少しそのキャラとの絡みがあればよかった…
まあ、極論前作やって気に入ったなら買いかと

前作とかぶってる部分はいらなかった
無駄に容量がでかい
可もなく不可もなくだがやや退屈だったかも

[ネタバレ?(Y1:N0)]綾子先生以外は新たに追加されたサブキャラの方が魅力的に思えた、シナリオでも主人公が騎士へ復帰する綾子先生ルートの話がよかった

トップ