MENU
カテゴリー

冥契のルペルカリアの感想

ウグイスカグラのアダルトゲーム

"
タイトル冥契のルペルカリアの感想
品番nightingale_0005
メーカーウグイスカグラ
値段9680
あらすじ

「神々と肩を並べるには、たった一つのやり方しかない
神々と同じように、残酷になることだ」Salvador Dali 若くしてこの世を去った天才女優
ある種の伝説的な存在となった彼女は、壮絶なる演劇の果てに一つの真実を得た
月日は経過し、春が訪れる
主人公・瀬和環は、新入生歓迎会にてとある演目を目にすることになる
「劇団ランビリスへようこそ
」 ゲリラ的に開催された、学生劇団による突発公演
かつて、天才子役としてデビューしながら、演劇の道を断った主人公は、懐かしい思い出に駆られていた
「ちょっと、見に行こうぜ」 野次馬根性から始まる、不条理の物語
幕を開けた物語は、終わりを迎えるまで止まることはないのだろう
芝居を愛する天然少女、架橋琥珀
演劇の申し子、匂宮めぐり
人気急上昇中のネットアイドル、天使奈々
役者を諦めた裏方少女、箱鳥理世
「最高の演劇にしよう
」 彼らが掲げるは、北欧神話をモチーフとした舞台’フィリア’公演
まばゆいスポットライトを浴びながら、物語の上で踊る彼女らは美しい
白髪赤目が導いてくれる
君にとっての、都合のいい結末を――

冥契のルペルカリアの感想のエロ画像・動画

"""""
冥契のルペルカリアの感想のレビュー
疲れるぐらいに感情を揺さぶられた
序盤を除いてほとんど全編を通して紡がれる物悲しさはさすがウグイスカグラといったところ
一方で、大量の誤字脱字などの悪い意味での「らしさ」はちゃんと改善されていた
演劇にも文学にもあまり興味はなかったが、劇中劇のストーリーが普通に本編張れるくらい興味深いのもすごい
個人的な好みを言えば、トラウマなどの悲しい過去の描写と、描写が少なかったとあるヒロインの描写をもっとねっとりじっくりやってくれたらなと思う

過剰なストレスと息苦しさを与えられ、もう二度とプレイなどしたくないと思う反面、その完成度に魅せられる

論外
ライターはもっとリアルをリサーチしてください

何よりも純粋な想いが描かれた、儚くも美しい作品

かみまほ、イストリアよりはマイルド
ルクルの実妹への狂気的なこだわりが存分に発揮されている

決して万人受けしないゲーム

満足感はそれなりにあるが、同氏過去作と比べると瞬間最大風速が無い分物足りなさを感じる

トップ