MENU
カテゴリー

触区&W触区パックの感想

Lusteriseのアダルトゲーム

"
タイトル触区&W触区パックの感想
品番next_0148
メーカーLusterise
値段3240
あらすじ

Nomad、Lusteriseの過去作品がおトクなセットになって登場
組み合わせも豊富なので、あなたの好みに合わせてお選びください
Nomad&Lusteriseのセット品をまとめて見る

触区&W触区パックの感想のエロ画像・動画

""""""""""""
触区&W触区パックの感想のレビュー
抜きゲー枠
おどろおどろしい雰囲気もブルータルなシーンも無いので、『淫妖蟲』とは微妙に別な方向性の(非常にB級で低俗な)印象
注意して欲しい点は、主人公の標的はあくまで明日香なので、彼女の絡まないシーンは少ない、ということ
梓はツンツンしてて好みなのですが、明日香は普通に乙女チックな性格(少女漫画の主人公に多いタイプ)なのが個人的には残念です
テキストとCGとが一致していない箇所(テキストでは制服を着ているはずなのに画像は袴)があったりしますが、バックグラウンドヴォイスを導入している点も評価してこの点数

このころのLusterise作品がめちゃくちゃ好き
古めの作品だけど今でも使うことがある
かわいいめの顔なのにちょいムチムチぎみの女の子たちがドロッドロにされる
なのに悲壮感とかもなく進み、わりとハッピーな感じという自分の性癖に刺さりまくった内容
CGの枚数も差分も多くてお尻からのアングルがすごくいい
(今でこそ少し増えてきたけど当時はおっぱいメインの作品ばかりで、お尻にフォーカスした作品はほとんどなかった) 1作品でもかなりの満足度だけどセットになってさらにお値段が当時の1作品分の半額以下になってると思うとすごい
「触手、ドロドロ、ハッピーエンド」この辺りの単語に心動くなら買って間違いないと思う

触手だけで飯が食える

平凡です

期待の触手ものだったんですけど・・・ふたを開ければ教訓ものでした

脇役のエロシーンが少なかった訳ですが

好きな人はどうぞ

トップ