MENU
カテゴリー

Monkeys!¡の感想

HARUKAZEのアダルトゲーム

"
タイトルMonkeys!¡の感想
品番ncpy_0007
メーカーHARUKAZE
値段8800
あらすじ

男子校に通うヤンキー主人公・猿吉は、 ジュリアという名で、お嬢様女子校に通うこととなる
なぜか
 廃校寸前の男子校を、救うためである
猿吉の通う男子校の隣町には、超・お嬢様女子校『硝子ノ宮女子』がそびえたつ
この「超・お嬢様女子校」と共学化することが、男子校の唯一の生き残り策だと知った猿吉は、 名家の令嬢・月島カラスの手を借り、仲間たちと過ごした思い出の母校を守るため、 単身、お嬢様女子校に通い、男子のイメージアップに挑む
果たして女子を知らない猿吉は、お嬢様との交流を通して「女子を理解」できるのだろうか
また、男子を知らないお嬢様たちは、猿吉との交流を経て「男子を理解」できるのだろうか
ヤンキーの強みを最大限活用し、ドンドン女子たちの問題を解決していく主人公に、 お嬢様たちは少しずつ恋心を抱く
一方で、ドンドンお嬢様度が増していく猿吉に、男子たちもハラハラドキドキ
? お嬢様女子校を舞台に、男女の相互理解を目指すドタバタラブコメディ

Monkeys!¡の感想のエロ画像・動画

""""""""
Monkeys!¡の感想のレビュー
過去作の「ノラとと」と比較してもすべてのCGを埋めるのに、オート進行で向こうは60時間ぐらいかかったのに、こちらは20時間弱ほど、ストーリーで消化不良なところや、説明不足な点も多く
例えば主人公の母親が蒸発したと最初言ってたのに、いきなりカラス√で母親の7回忌の話をしだしたり、いきなりすぎるところもあった
また、大団円を描くべきのカラスルートでストーリーの前後を大幅にシャッフルしたことで、時系列を把握しづらい、素直にストーリーに没入しづらかったのも不満
硝子の両親がどうなったのか説明がなかったし
カラスは親との和解といった場面がなかったのも個人的には気になる
逆にそういった諸々の消化不足の面を掘り下げることで続編ができるのではという期待もあるが、ノラととではそのへんもしっかり描写して1作品だけで満足させてくれたと思う
予算の問題もあったとは思うが、プレイ時間3分の1でフルコンプ出来てしまうのはやはり物足りなさを感じてしまう
明確に今作のほうが良かったと思ったのは、主題歌、エンディングのフルバージョンが入ってるといった点だけだと思ってる
話自体は面白かったが、消化不良な点もあるので星4とさせてもらいます

体験版範囲と硝子ユキは面白かった
肝心のカラス√がめちゃくちゃ

はと氏らしさは十分感じられる
が、コンセプトが過去作に比べ弱めの印象

共通ルートはかなり面白かった
ただ共通√が非常に面白いだけに個別√に失速感を感じるのは否めない…

テンポが良くて時にエモい、いつも通りのはとさんのシナリオで、良かったです

はとワールド全開

熱くて泣けるシナリオ、ギャグがよかった
漫画調のCGもよかった

トップ