MENU
カテゴリー

月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!の感想

メイドのエロゲ

"
タイトル月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!の感想
品番navel_0009
メーカーNavel
値段6380
あらすじ

『朔莉』、『ルミネ』のアフターストーリーに加えて『アトレ』ルートも収録

◆朔莉アフターストーリー 「八日堂さんは舐める」 「桜小路才華」は、強い恋人を得たことで、心が軽くなった
自らのあずかり知らない場所から、己を守ろうとしている存在に気づき、安心を得ることができた
これまでの人間関係の全てが、実家と由縁のある人物か、性別を偽りつつ接している相手に限定されていた才華にとって、自分だけの繋がりで得た存在の登場は、自信と歓びになった
才華は感動に胸を打たれ「八日堂朔莉』の恋人になった
しかし、八日堂朔莉が学院に居合わせたのは偶々であり、本来の彼女は今よりも広い世界を活躍の場としていた
束の間の休憩を終え、朔莉は再び多忙な生活へ戻っていく
一方の才華は、果たすべき目標がまだ学院にあり、自分の居場所から恋人が離れてしまうことに不安を覚える
立場の違いに悩みつつも、己の弱さを自覚した才華が求める恋人との在り方とは? ◆ルミネアフターストーリー 「弟なるもの」 「桜小路才華」は、己の弱さから目を逸らすことで、一時の安心を得た
抱えている心の問題は解決していないものの、大好きな姉に甘え、甘えられることで、強迫観念に等しい重圧から逃れるのに成功した
弱っている姉の助けになりたいと願う心は、その場限りとはいえ才華自身の意思となり、彼は自らの力で一つの結果を出すことができた
また、才華に助けられた「ルミネ」も、一時は失いかけていた自信を取りもどしつつあり、次の目標を定めるところまで心が回復した
ルミネが定めた目標は「納得のいく演奏で結果を出す」こと
「納得」の基準は「才華が楽しめたか」とし、判定を彼に依頼した
そして「結果」の内容は、才華がその演奏に惚れこんでいる「山県大瑛」に「公的な場で勝つ」とし、大瑛本人に勝負を申しこんだ
ところが大瑛には「学院内で代表に選ばれた経験ないから」と、直接対決が難しいことを告げられ、ルミネは意気込みをくじかれてしまう
果たして才華は、ルミネのやる気を蘇らせ、彼女の自信を完全に取りもどすことができるのか? ◆アトレルート 「桜小路才華」は輝きを失った
一度の不注意で、取り返しのつかない失態を演じた才華は「性別を偽って学院へ通っていた」事実が露見した
「衣遠」の用意した「偽の診断書」に救われ、社会的な制裁こそ免れたものの「エスト」の理解は得られず、付き人の仕事を解雇されてしまう
親戚であった理事長の命で学院に残留することになるも、これまで学んでいた教室で過ごすわけにもいかず、才華はひとりだけ別の教室へ移された
級友たちを相手に築いてきた信頼は崩れさり、学院内で知りあった人々と結びはじめていた友情も消えうせ、才華は全てを失った
希望の光が全く見えない環境下で、夏休み前までは耐えしのぶも、二学期の始まりを前にブルーマンデー症候群を起こし、才華の心は挫けてしまう
実家へ帰ろうとする才華は、学院内で唯一頼れる存在となる、妹の「アトレ」の部屋へ説明に向かう
しかし、現在の状況を招いた失態の原因が「アトレに女性を感じた」ことであり、その彼女と二人きりになり、また、彼女から明かされた事実に強い衝撃を受け、才華はさらなる過ちを犯してしまう
輝きを失った兄の才華と、その力になりたいと願う妹のアトレ
果たして兄妹の辿る道とは? 「これは眩しき日々の外側で綴られる、望まれぬ物語」 『 』シリーズはこちら♪

月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!の感想のエロ画像・動画

"""""""""""
月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!の感想のレビュー
アトレルート+ルミネ、朔莉おまけといった感じ
ルミネ、朔莉ASはそれくらいあっという間に終わる
アトレルートは思った以上に良かった・・・といっても及第点くらいだが
NavelのFD平常運転といった感じ
もみもみのボイスが再生されないという重大なバグあり
(プレイした人なら分かるけど)これは結構重大なバグ

主人公もテンプレではなく、素直で健気ないい娘で好感が持てました
シナリオについては、とてもテンポ良く進みます
システムは文句なし
特にシーンスキップと、既読スキップの速さは、 ストレスを与えない、良い出来です

シリーズ最後になるであろう6作目、もうだいぶ蛇足気味というのは仕方ないが、でも結構楽しめたかな

前作は0だけ面白かったが、今作はおまけだけ面白いという
ただし最後以外

短めだけど良いFDでした
ルミ姉と朔莉はおまけで実質アトレルートがメインディッシュ
紅葉のボイスバグは最新パッチで改善されてますので要対応

アトレ√が素晴らしかった

「なぜ私がこんな目に……おのれあの新人メイド、全て彼女のせいですよ
今日のことは忘れませんからね
コノウラミハラサデオクベキカ」

トップ