MENU
カテゴリー

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」の感想

お嬢様のアダルトゲーム

"
タイトル戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」の感想
品番mgold_0040
メーカールネ
値段3562
あらすじ

神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた
しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた
そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る
ついに処刑の日がやってきた――
手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた
主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々凌●したあげく、魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……
その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる
その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった
アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう
苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する
アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ
」 そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する
指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう
こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」の感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""
戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」の感想のレビュー
前作と比べると、質・量共にほぼ全ての面でパワーアップされた続編として仕上がっています
魅力的な新キャラも加わり、抜きゲーながらも従来のキャラゲーとしてのイメージをより強固にした印象を受けました
エロに関してもシチュエーションの豊富さとベテラン声優さん達の熱演により、イキまくりながらも快楽に堕ちる過程が丁寧に描かれているので、尺の短さとCGの使い回しの多さにさえ目を瞑れば、実用性はそれなり(以上)の出来だと思います
ただ前作以上に調教時のセリフが毎回コント染みており、最後もネタに走る傾向があったのは個人的にイマイチ
あと攻略サイトを頼らざるを得ない自力コンプの難易度に関しても、作業ゲー特有のマンネリ感が拭えない点も含めて、まだまだ改善の余地があると愚考します

(利用者の声)「最近腹が出てきたのが悩みだったんだけどさ、コイツを試したらなんと
ウエストが2㌢も縮んだんだよ
騙されたと思って試してみなよ
」(なお実際の効果には個人差が生じます
つか、冗談です、すいません
)

期待通り
新キャラはどれもナイス

前作のほうが良かったかな・・・

ただの作業ゲー

前作より攻略キャラが増えて、ボリュームもかなりあります
色々なシチュエーションがあって、調教ゲーとしては最高峰なんじゃないかと思います

ワイ語だらけ
質、量とも十分で、続編としては成功かと

トップ