MENU
カテゴリー

戦乙女スヴィアの感想

戦士のエロゲー

"
タイトル戦乙女スヴィアの感想
品番inf_0051
メーカーLilith [リリス]
値段1980
あらすじ

■戦乙女淫辱輪●アドベンチャー
主人公・ロキは神族でありながら巨人族と冥府族の手を組ませ、 神々が住まう世界アースガルドを侵略する
世界の全てが手に入ろうとした時、 神族が主たるオーディンは捨て身の機略で世界を支える世界樹の水源を封印、 「共に滅びたくなければ我を 解放せよ」と逆に迫られることに
世界樹の枯死は世界の終わりを意味する
窮地に陥った主人公であったが、 水源を封印している門には封印を解くために鍵があり、 そしてその鍵は未だに頑強に抵抗を続ける

戦乙女スヴィアの感想のエロ画像・動画

""""""
戦乙女スヴィアの感想のレビュー
スヴィアがメインで、シグルドはおまけ程度
この世で最も快楽の誘惑に耐性がある(という設定の)女戦士が、やがて肉欲を求めるようになるまでの、心の葛藤に全ての力点を置いており、墜ちた後の描写のボリュームは期待できない
が、その求め始める瞬間のエロスはなかなかのもの
閻魔あいに淫語を言わせる背徳感みたいなw これまでのLILITHの戦女神ものが好きな方は買って損はしないかと

質の良い絵ではあるが、何か今一つ足らない
堕ちる前より堕ちた後の方が優れているというのが、作品のコンセプトに反しているように思える
唯一良かったのが公開傀儡で、あとは単なる陵辱ものと変わりはしない
まぁ、低価格を考慮すればそれ以上言及する必要はないけれども・・・

ダメかな

良作の部類
スヴィアはリリスゲーで最も可愛いキャラだと思いました
今までリリスに無かった正義感が表に出ないクールタイプ
ブラックリリスには「銀髪ヒロインは良作の予感」法則があるようです

このメーカーLilithの作品は優良
美麗グラフィック、2000円代という価格に反してCGのレベルは非常に高く高価格なソフトに匹敵 文章は簡潔で読みやすい 品質は高水準、低価格でお手頃、コストパフォ-マンスに優れています
概要 化け物、裏切り者の人間達が陵●の限りを尽くし犯しマクル、味わった事の無い快感・媚薬・魔術での快感、悶え、牝の歓喜に善がり狂い自ら求め始める2人の美少女 ヒロインのスヴィアとサブヒロインのシグルト
これを仕掛けた裏切り者のニヒルなロキ
性格の違う美少女2人を怪物を使い如何に●すかが、お楽しみのゲ-ムです
エンディングが少ないのが残念

メインのキャラは可愛かったが、画、シナリオ、Hシーンのどれも今ひとつである
選択肢を減らして途中のHシーンを増やしたほうがよかったのでは、と思う

低価格のなかでは良くまとまっている印象

トップ