MENU
カテゴリー

神楽幻想譚の感想

少年のアダルトゲーム

"
タイトル神楽幻想譚の感想
品番hobe_0213
メーカーでぼの巣製作所
値段6810
あらすじ

昭和と呼ばれる時代に変わって間もない頃…
深い森の中に人知れず建てられた退魔士養成施設
そこでは、一人前の退魔士となるべく集められた若者達が日々修行に励んでいました
主人公、葛城誠一郎はその退魔士機関で教師として彼等を導いていました
ある日、この施設の所長である桜姫から、彼女自身が務めているという『御守様』を継ぐべき者を育てることを命じられます
そして告げられた候補は、彼の被保護者であり本施設でも抜きんでた実力を誇る葛城弥生
そんな中、かつて婚約者だった女性が妹と共に現れ、彼女をもう一人の『御守様』候補として強く推してきます
『御守様』に選ばれるのは彼女達のどちらか
また、『御守様』とはいったい何なのか? ■本作の売り ○全く新たな物語は昭和初期の山奥が舞台
本作の時代は昭和初期と、前作道中記より遡り、世界観は同じながら物語として直接の繋がりはありません
山奥深くに建てられた施設は、表向き身寄りのない若者を引き取って育てる施設とされていますが、その教育内容は退魔士養成機関
主人公はそこの教師となり、今作のヒロインである二人を始めとする少年少女を導いて行きます
○メイン二人、サブ二人による4人ヒロイン体制 本作では男性の主人公が存在し、プレイヤーが操る二人のヒロインはもちろん、それ以外でも主人公の元婚約者や、チビ神様などサブヒロインが存在し、全員に個別のエンディングが存在します(道中記は主人公不在、エンディングも一つでした)
敵味方とも登場するキャラが増え、またそれぞれの人間関係なども存在し、前作より濃密なストーリー展開となっています
※以下は前作「神楽道中記」より引用、追加されています
○遊ぶ度に変わるダンジョン ゲーム進行が同じパターンにならないため、飽きにくく毎回新鮮に遊べます
また、それを促進するために多数の妖怪、アイテムや成長要素を付加します
もちろん、妖怪に倒されればその場で襲われる凌●シーンが展開します
本作ではマップの種類も増え、妖怪の捕縛&召喚など様々なギミックが追加され、ゲーム性でも進化しています
○巫女さんに襲いかかる多数の妖怪 本作で登場する敵の妖怪は、巨大ボスも含めなんと20体以上
さらに巫女さん2人でその倍の凌●シーンが用意されています
妖怪は約半数が新規と入れ替わり、ボスはその全てが新規妖怪です
○妖怪に負けたら孕ませH
戻ったら治療H
孕まされた巫女さんは、直ちに地上に戻って治療を受けないと、妖怪の子供を産んでしまうことになります
しかしながらその治療方法とは、妖怪の精を受けた場所に陽の気を込めた精子を浴びせること
つまり、口を汚されていればフェラで精子を飲み下し、お尻を犯●れていたらやはり同じようにアナルセックスをしないといけないのです

神楽幻想譚の感想のエロ画像・動画

"""""""
神楽幻想譚の感想のレビュー
トップ