MENU
カテゴリー

ラムネの感想

ちびっこのエロゲー

"
タイトルラムネの感想
品番hobe_0156
メーカーねこねこソフト
値段4180
あらすじ

地元の学園に通う主人公は、夏が訪れるたびに、 「今年こそはなにかが起こるんじゃないか?」 というドキドキした気持ちを感じていた
そんな中、今年も主人公は、不思議な胸騒ぎを抱いたまま夏休みを迎えることになるのだが…
主人公と触れ合うヒロインは、 ドジな幼なじみの近衛七海、 元気いっぱいなイトコの仲里ひかり、 明るく素直な妹の友坂鈴夏、 世話好きな先輩の石和多恵の4人の少女たち

ラムネの感想のエロ画像・動画

""""""
ラムネの感想のレビュー
読み物
行動と選択肢により展開が変わる
基本的なシステムを含む物語や雰囲気まで「みずいろ」とそっくり
プロローグの選択肢でルートが決まってあとは一本道だということろも同じ
物語は学園と田舎、海が舞台になっていて、波はないけれどこれといってマズイところも無く
良くも悪くもホノボノとしている
相変わらず音楽はとても良い
それから、細かいことだけど親父に声が欲しかったかも

なかなか良いが

まさに凡作
地雷でもなければ良作でもない
微妙な出来
キャラとの相性があえばそれなりに楽しめるんじゃ

ねこ切なさ3代目、ちょっとダレ気味だけど「切なさ」まだまだ健在
個人的に、ヒカリーはねこヒロインで一番好きですw

みずいろの二番煎じかな?と思いきややってみたら案外面白かった

本当に普通の話でしたね…

七海優遇されすぎ、多恵先輩…

トップ