MENU
カテゴリー

H×H×H=始まりはHから〜大好きだから、大嫌いっ!〜の感想

Softhouse-sealのエロゲ

"
タイトルH×H×H=始まりはHから〜大好きだから、大嫌いっ!〜の感想
品番high_0032
メーカーSofthouse-seal
値段1980
あらすじ

雅塚学院はどこにでもある普通な学園
その学園に通う主人公・曽根崎渉は、どこにでもいるような普通な学生
すでに季節は夏を終えて、秋を迎えようとしている中で、一人の転校生がやってくる
その転校生の名前は早雲寺花蓮 超がつくほどの有名店を構えるトップ財閥の一人娘だった
「ちょっとあなたたち
少しは静かにしなさいよっ
」 怒声を荒げる一人の女によって教室は静まり、生徒たちの視線はその子に集まった
「教師の声も聞かずに勝手なことをして、恥ずかしいとは思わないのっ
」 問いかける彼女の言葉に声を発する生徒はいない
というか、できるわけがない
(も、もしかして、転校生っていうのは……彼女のことか?) 「ちょっと聞いてるの
曽根崎
曽根崎渉
」 「………………はあ?」 突然名前を呼ばれたことに間抜けな声が上がる
が、彼女は確かに俺を見つめてくる
生徒たちも今度は俺に視線を向ける
……さすがに恥ずかしいな
「あなたはなにボーーッとしてるのよっ
」 「……いや、そんなことを言われても──はあ?」 なんで俺、怒られてるんだ?しかもかなり怒りを買ってるみたいなんだが── 「……あなた、何も覚えてないの?」 「覚えている……?いや、何も」 なんのことを言っているのか?分からないにしても、少なからず俺は彼女のことは知らない……と思う
「本当に何も覚えていないの?」 「ああ、覚えてない」 「絶対?」 「絶対」 「嘘ね──ごまかしても無駄なんだから」 ……なんなんだ?こいつ
それから、普通な学園は、少しずつ普通ではなくなっていく……?

H×H×H=始まりはHから〜大好きだから、大嫌いっ!〜の感想のエロ画像・動画

""""""
H×H×H=始まりはHから〜大好きだから、大嫌いっ!〜の感想のレビュー
トップ