MENU
カテゴリー

ハジラブ―Making*Lovers―の感想

SMEEのエロゲー

"
タイトルハジラブ―Making*Lovers―の感想
品番has_0095
メーカーSMEE
値段9520
あらすじ

‘‘運命’’のない恋なんて時間の無駄
約束されたハッピーエンドだけが恋愛の正解だ
恋をするなら一生にただ一度、理想の相手と燃えるような恋を
手近な相手とインスタントな青春を謳歌するクラスメイトの背中を見送りながら、俺だけは違うと信じていた
だけどこの学校で迎える二度目の夏にようやく気づく
運命の恋人は空から降ってきたりしないみたいだ
恋がしたい
理想の中だけにある幻想の恋じゃなく、血の通った本物の恋を
末永く共に歩む人生を望む幼なじみ 王子様との出逢いを夢見る同級生 憧れの女性(ひと)のような恋愛上級者になりたい後輩 大事な家族に幸福な未来を見せたい先輩 彼女たちとの出会いはどれも偶然の重なりだ
大事なのは今から自分が積極的に動くこと
だったら俺の恋を、ここから始めてみてもいいんじゃないか? 問題を解き終わるまで答えが正解かどうかなんて分からない
この偶然を運命にするのは、俺自身だ―

ハジラブ―Making*Lovers―の感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""
ハジラブ―Making*Lovers―の感想のレビュー
本作ですが「交際してから育まれる恋心
」のテーマの通り「いきなり付き合う」ところから始まるイチャラブゲーです
初めこそ多少距離感はありますが基本的にどろ甘な感じで進行していくので、一番大事なイチャイチャ部分のボリュームは十分以上かと思います
いつも通り過度なシリアス展開もないのでストレスフリーです
ヒロインは全員可愛かったですが、特に「~っす」系後輩キャラが好きな人はどストライクだと思います
他のみんなも魅力的でした
……少し不満があるとすれば小唄ちゃんの話の展開が少し性急に思えたこと
ファンタジー要素の必要性
あともっとサブキャラの冷やかしとかあってもよかったかも? Hシーンは各ヒロイン7回程度と多いのでボリュームたっぷりです
総括して、イチャラブ方面に振り切った作品です
気になるヒロインがいれば素直にオススメできます
ーーーここから先はSMEE過去作プレイ済みの方向けの話ーーー SMEEさんといえば『少し個性的な』主人公が魅力であり、最高の引き立て役をやってくれるところが強みだと思っています
そういう観点でいくと本作は過去作に比べ主人公が常識的と言いますか、大人しく感じられました
もちろんヒロインとの軽快なやり取りはありますし間違いなく根の良い奴なんですが、過去作たちと比べると受け身寄りだったので少し物足りない
私は過去作の、癖が強そうでいて実は常識と思いやりを兼ね備えた絶妙なバランスをとっている主人公像が好きなので、本作の主人公は少し普通で寂しく感じました
(過度に期待していた所為もあります) だから、過去作プレイ済みの方には主人公もといギャグ方面は「いつもよりずっと控えめ」と念頭に置いてほしいと思います
その方が馴染みやすくて本作をより楽しめるかと
次作は是非、帰ってきてほしいですね

SMEEファンとしては、せいぜい2ルート分しか楽しみがなかった
価値が半減ですよ
初穂さんルートは楽しめました

☆2.5、不可(優・良・可・不可)、4.5(サッカーの10点採点)に相当

メイラバをリスペクトして、共通をすっとばし関係の構築に注力する姿勢はわかる
しかし、如何せん個のキャラが薄めというか従来のSMEEのようにアクが強くないので話のインパクトがなく、失敗したHOOKのような印象を受けた
普通の水準のギャルゲーであるが、SMEEらしくないって先入観が邪魔をして素直に楽しめなかったのが悔しい
エロさは確実にアップしているが

Making*Loversに中途半端に乗っかるのはダメ

ある意味SMEEらしい作品

エッチシーンが充実していて素晴らしい

トップ