MENU
カテゴリー

スキとスキとでサンカク恋愛の感想

ASa Projectのエロゲ

"
タイトルスキとスキとでサンカク恋愛の感想
品番has_0025
メーカーASa Project
値段7920
あらすじ

とある田舎町で学園生活を送る主人公「宗介」は 父親の再婚により幼少期以降、一緒に暮らす義妹の「七瑠」 幼馴染の「真帆」たちと 学園のオタク部(通称B研)で、愉快なオタクライフを満喫していた
穏やかな毎日……しかし、 夏休みまで後ひと月に迫ったある日、事件が起きる
「ずっと会いたかったよ……兄さん

」 母親に引き取られ、幼少期まで一緒に暮らしていた 実妹「すず」が、なんと帰ってきたのだ
学園で、家で、外で、実の妹のパワーを静かに振りかざす実妹、 ただひたすら気まずい義妹
義妹「今さら妹とか言われてもーこいつ(兄)はもう調教済みだしーゲヘへ」 実妹「じゃあ、調教し直すから」 ヤバイ
俺のヤバイ妹達
それだけでもピンチな状況なのに、 無理矢理一目惚れしてきた先輩「志衣菜」が現れ、 幼馴染「真帆」の様子もなんか変だ
どうする、どうなるこの状況

宗介は、暑い夏すら凍える(?)三角関係に巻き込まれるのだった──

スキとスキとでサンカク恋愛の感想のエロ画像・動画

"""""""""""""
スキとスキとでサンカク恋愛の感想のレビュー
驚きました
あのアサプロが真面目に三角関係やってます(もっとおふざけ全開だろうと予想してました)
もちろん萌えゲーの範疇ではありますが、特に恋▲の方では物語のアクセント的な枠を越えて読ませてくれるくらいの描写があったように思います
前作までと大きく変えて来た感のある絵の雰囲気や笑いの取り方、一気に使いやすくなったコンフィグ周り等々、進化しようとするアサプロの意欲が感じられる、興味深い一本だと思います

パロディ多過ぎ、シナリオは手抜き
笑えるギャグはほぼ無かった

同じ味の物を延々食べている感じ

初ASa pro作品 パロネタは元ネタ不明で(私的に)笑えないところもあったがメタネタが秀逸 ナニゲにキャストが豪華
ギャグは演技力がある役者が本気でやってこそ面白い

全体的にもーちょっと変人&おバカ度を上げて欲しかった

志衣菜先輩のゲーム

前作「プラマイウォーズ」にて初めてアサプロ作品をプレイした自分だが、本作も前作同様に楽しくプレイ出来た
すでにお笑いゲーのブランドとしての地位を確立している通り、大笑いしながらのプレイとなった
期待を裏切らない出来が実に素晴らしい
ゲーム起動直後にブランド名コールとタイトルコールが出演声優の音声で挿入されるが、カーラ(CV:遠野そよぎ)のカタコト日本語のコールには毎回笑わせてもらった

トップ