MENU
カテゴリー

オタサーの姫に告られた結果wwwwwの感想

美人のアダルトゲーム

"
タイトルオタサーの姫に告られた結果wwwwwの感想
品番harth_0006
メーカーハースニール
値段2200
あらすじ

「汚らわしい、純愛
」 オタサーの姫が、サークルメンバー達と浮気セックス、乱交、主人公ともセックスを繰り返します
NTR要素あり
淫語&卑語多め
Hシーンはアナル、露出、乱交が多め
企画・原画:みさくらなんこつ&シナリオ:山野 他、豪華スタッフが贈る 全編フルHD&フルボイスのドロ沼オタサー体験AVGです
■ストーリー 「あなたは、 どうしようもなく小さな事件の、 どうしようもなく大きな被害者になれる――――」 オタサー
自己愛と自意識と我欲にあふれた人間たちの、全くかみ合わない【愛情】表現は、 中途半端な知識(エロゲ)と童貞的情欲に支えられ、滑稽な関係を織りなす――――
・ ・ ・ 某大学オタクサークル「メディア研究会」の一員である、主人公「飯島尚樹」は、 紅一点、オタサーの姫である「本多美憂(ミユミユ)」から告白される
生まれて初めての、バラ色の交際
しかしほどなく、あるきっかけで 彼女がサークルメンバー複数人とも交際中、性的関係を持っていることを知る……
……今もその関係は継続中らしい……
他のサークルメンバーたちは、二股をかけられた姫に失望、復讐を決める
―――――だが、尚樹だけは狂っていた
彼女に本気で惚れていたから、事実を知っても……なお……



・ ・ ・ …………あなたが選ぶのは、理想か
現実か
……この狂った純愛の結末は、どうなる――――――? ■オススメポイント (1)【人間ドラマです

】 サークルのメンバーも、主人公も、姫も、 コミュニケ―ション能力や考え方が欠陥だらけです
そんな人達が恋愛?や性でもめてるとこがいっぱい見れます
初プレイの1周目と、お話がわかった上での2周目では、 プレイした感覚がまるで違う構造になってます



みさくらのながいながい人生経験に基づいてお話構成してます

……これはもうエンターテインメントだよ



(2)【歪んだエッチがいっぱいです

】 人に見せびらかしたりとか、 女の子を奴●扱いしたりとか、 二人っきりになった途端急にやさしくなったりとか、 コスプレとか、んー…… 口ではうまく言えないけど、こじらせてます



ヘンタイな人が考えるようなエッチシーンです

(3)【めずらしくマルチエンディングです】 姫とラブラブにもなれるし、 姫をぼろぞうきん扱いすることも可能です

マゾいひとにはもっと辛いエンドもあるよ★) ■キャラクター ヒロイン【オタサーの姫】 「本多美憂」 主人公が所属するオタサーの紅一点
主人公はオーバーリアクションと馴れ馴れしい態度を苦手としているが、 サークルメンバーからは姫のように扱われている
アニメやエロゲーが大好きでみんなと気が合う
可愛いモノと甘いモノが大好き
本人は謙遜するがイラストが上手
ちょっと臆病なところがあり、大声や言い争いの現場はキライ
……普段あまり他のメンバーとつるまない主人公に対して、 なにやらシンパシーを感じている様子……? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 自分の夢、やりたいことがない 将来の夢は「しあわせになりたい」 嘘が多い
そのうえ嘘がバレると開き直る 実家が貧乏 親の話を出されるとすぐキレる サブカル好き(本人は隠せてるつもり) 「周りの人間は、自分のために動いてくれるもの」だと思っている まわりが自分に惚れていると思い込んでるので、感情的な話で、楽して人を動かそうとする (「そういうの、悲しいよ…」とか言えば、だいたい聞いてもらえるから) アイドルが可愛いとか、エロゲーで泣いたとかのエピソードを語るが、 結局は自分かわいいアピールのための小道具にする
全部を、頭を使わずに、無意識で行う
主人公【真性サークルクラッシャー】 「飯島尚樹」 本作の主人公
浅く広く、色々なものに手を付けていて詳しいが、 どれにも本気でハマりきれない今時のオタク青年
サークルメンバーに冷めた視線を送ることもあるが、 何かに熱心になれる彼らを羨んでもいる
実はとても臆病な気質
恋愛の経験もほとんどなく、純朴さを持っている
サークルの雰囲気を妙にソワソワさせる美憂のことを、 あまり快く思っていない……が……? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小〜中学校までイジメられ経験アリ 自分がいけてないことに気付いてない
むしろサークルの中でいちばんいけてると思い、 他の奴を見下している 理屈っぽいけどその理屈が幼稚でメチャメチャ 当たり前のように状況と能力の問題をすり替える (ケンカが弱い→暴力は良くない) (金がない→無駄遣いをする奴はアホ、みっともないまねをして稼ぐなんて品がない) 「俺の嫁」的な異常な独占欲 自分は浮気するくせに、女の浮気は絶対に許さない 平気で女を殴るタイプなのに、ただ怖いからという理由で女に異常に優しく振る舞う ちょろい男 ネットにずっぷり
モラル、イズムまで全部ネットの受け売りなのに、そのことに気付いていない 世間知らず
面接で、相手のうち誰がいちばんエライかも分からないようなタイプ 夢なんてないのに、周りにはクリエイティブなデザイン関係の仕事に就きたいといってその場逃れしている 他のオタサーメンバーなどキャラクター紹介はOHPへ
■スタッフ 原画:みさくらなんこつ 代表作:『朝からずっしりミルクポット』『信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…』 シナリオ:山野(ゆにっとちーず) 代表作:『パコられ』『淫夢みるさなぎ』『純情アイドルどすけべプロデュース〜星空ゆずの種付け搾乳計画書〜』 作曲:細井聡司(hosplug) 代表作:『世界ノ全テ』『Quartett

』『AYAKASHI』『LOST C●●●D』『Rewrite』 主題歌:加瀬愛奈 代表作:『空を飛ぶ、3つの方法
』『空を飛ぶ、7つ目の魔法
』『D.C.III 〜ダ・カーポIII〜』 CV:花澤さくら 代表作:『まじかるカナン2』『PRETTY×CATION』『紙の上の魔法使い』『戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜』『できない私が、くり返す
』『世界を救うだけの簡単なお仕事』『ちいさな彼女の小夜曲』

オタサーの姫に告られた結果wwwwwの感想のエロ画像・動画

"""
オタサーの姫に告られた結果wwwwwの感想のレビュー
他の方の感想から登場人物の人物像が気になって、プレイしてみました
最初は思慮深い一面を見せていた主人公・直樹が、思い込みと独善を暴走させ、人から獣、獣から鬼へと堕ちていく姿は、わかりやすくバカではあったものの悲痛なものがありました
直樹も終始いいとこなしのクズというワケではないんです
美憂の教養や、人心掌握術の一片とも言える誉め言葉に対し人間としての純粋な敬意を払ったり、調子の悪そうな美優に彼なりの優しさをかける所は童貞の下心ではなく彼の人間的な慈愛すら感じました
途中で「美優は僕が守る」「他の皆は嘘をついている」という病的な思い込みに囚われることがなければ、彼も知的な好青年でいられた気がしました
それに加えあんだけ喧嘩した後でも荒れてる直樹を気遣ってくれる野崎や、2人の喧嘩を仲裁する平沢なども、女を前にするとダメダメなだけで根はいいヤツらなんだと思うと、他の感想にあるように「全員クズ」とは安易に切り捨てられませんでした
美憂が当方の性癖とは程遠かったからか、エロシーンは正直言って微塵もそそられませんでしたが、自分が登場人物みたいにならないコツ・信頼と妄信の線引きなどを勉強するいい教材になったので、☆3をつけさせていただきました

ゲーム紹介にあるようにヒロインがヤリマンビッチで寝取られ要素はほぼ無いに等しい
勘違い系の主人公視点のみで展開しヒロインの思考がイマイチ伝わって来ず、淫語中心のエロを観覧するだけになってしまう

とても丁寧に作られ、しっかりと構築された……ハマれない作品

製作者自身が公式ページで言ってる通り、他ではなかなか体験できない題材のゲームです
それだけでもやってみる価値はあるかと

花澤さくらのどすけべ音声2kで聞けるだけでそこそこ評価が高い

この作品の楽しみ方を教えて下さい……

そこら辺の作品よりは趣向を凝らそうとしており駄作ではないものの、作品としてチグハグしてる
狂気といえば狂気だがエンタメ性が欠如しており、喜劇と言えるほど面白くはなかった
絵は綺麗

トップ