MENU
カテゴリー

いもうと〜蜜壺・完全版〜の感想

ヤンデレのエロゲー

"
タイトルいもうと〜蜜壺・完全版〜の感想
品番ggs_0876
メーカースナック・ファクトリー
値段5000
あらすじ

愛する妹を、その愛がゆえに汚しそうになった自分を恐れ、単身都会へ逃げ込んだ主人公・日下部 徹(くさかべ・とおる)
数年の歳月が経ち、妹以外の人と結ばれた徹が、その婚約報告のために帰省するところから、物語は始まります
都会に出てから一度も連絡をよこさなかったことを怒鳴られはしたものの、予想に反してあっさりと迎え入れられた実家で、家族の温かみを感じながら過ごす数日
しかし、あの頃となにも変わらない佇まいの中で、ただひとつ大きく変わっていたのは、あの頃の面影を残したまま美しく成長した妹・満花(みつか)でした
徹はその姿に忘れていたはずの想いを翻弄され、その狭間で激しく揺れ動きます
季節は夏
立ち込める熱気と、草いきれの匂い
それらを乗せた生ぬるい風
どうして―――なぜ――― 自問に対する答えもないまま、ただがむしゃらにお互いを貪り合う兄と妹
二人の関係に悩みながらもそれを捨てられない兄と、純真無垢に兄を慕い篭絡しようとする妹の物語は、二人を育ててくれた母である節子(せつこ)をも巻き込んで、想像もしなかった事態へと発展していきます
果たして、倫ならぬ想いを抱えた兄妹に待ち受ける結末とは……?

いもうと〜蜜壺・完全版〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
いもうと〜蜜壺・完全版〜の感想のレビュー
抜きゲーですが、ターゲット層がちょっと狭めです
というのも「妹に篭絡される兄」といったストーリー展開なので、 妹からは終始アプローチを掛けられます
主人公は「駄目だ駄目だ」と思いつつも思わず手を出してしまい、 その後も妹と爛れた関係を続けてしまう
作品として「背徳感」や「後ろめたさ」といった感情がメインとなっています
攻略対象も妹+母親(おまけ程度)ということもあって、買い手を選ぶ作品じゃないかなぁと思います
肝心のHシーンですが、妹16個・母親4個・親子丼2個の計22シーン
その内6シーンがアニメーションになっています
母親とのHシーンは尺が短いので実用性はあまり高くありません
※(妹の仕掛けた罠により、母親がおっさんにレ●プされるシーンが1つだけあります) シナリオはシチュエーションを重視しており、全体として見るとありきたりです
選択肢も少なく、ストーリーも短いのですぐ終わります
体験版をプレイして作品の雰囲気と妹が気に入れば、アリだと思います
個人的には、明るいラブラブHとかも見たかったなぁ

嗜好に合ってるなら死ぬほど抜ける
シチュも結構揃っていて良い
この作品ならこの評価だけで十分なのではないか

いもうととの禁断の関係・・・ほかの妹ゲーをやるよりも何倍もの背徳感がある
妹ゲーにおいてはやっぱり背徳感は大事だよね

実家に戻ったら妹が涎を垂らし待っていたというお話

抜けるけど惜しい

端的に言えば、大変素晴らしいエロゲと言えるでしょう
個人的嗜好(貧乳好き)から星4つしか付けていませんが、私が巨乳好きならば間違いなく星5つを付けているでしょう
主要登場人物の妹満花と、母節子、そして主人公の兄徹、みんな性格や人物設定のバランスがいい、それぞれのルート・シナリオに合わせて、微妙に行動や反応が変わっていて、それによって変わるENDINGを楽しめます
ENDINGと云えば、心からハッピーなものはないですが、第2章に続くと思われるENDや、二人の愛の巣ENDもあれば、家族LOVEのENDING、更にはホラーなものまで様々です
個人的に、ホラーENDINGの詳しい説明・解説が欲しかったところです
画像は綺麗です、立ち絵もエッチシーンも、背景もとてもいいですね、色んなシチュでのエッチシーンやアニメーションは楽しめました
音はと云うと、BGMはいいですね、声もいいです、効果音はやや単調なように感じました
さて、最後になりますが、第2章を購入すべきかどうするか迷っております、あのシナリオルートの後、どうなっていくのだろうか、多少なりとも気にはなっておりますので

すばらしい
常駐

トップ