MENU
カテゴリー

ホワイトブレス〜with faint hope〜の感想

ニーソックスのエロゲー

"
タイトルホワイトブレス〜with faint hope〜の感想
品番ggs_0674
メーカーF&C
値段3122
あらすじ

ペダルを思いっきり漕ぎ、助走つけ坂道を登りきると、目の前に海がひろがった
そこは、いつもの通学路
遠くで鉄橋を渡る電車の音がする
身体を左に傾け進路を東にとると、風が背中を押す
日が昇る方向へ…真っ直ぐに
潮風が頬をくすぐった
路面電車が通り過ぎる
立ち漕ぎで後を追う
まだ勝ったことはない、学校までのロードレース
校舎へ向かう人がつづく学校前の駅
漕ぐのをやめ、風に乗る
冷たい空気がほてった身体に心地いい
かばんの紐を片方だけかけた、あいつがいた
欠伸をしながら、駅から出てくる
まだこっちには気づいていない
気づかれないように、ゆっくりと漕ぎ出す
そして、あいつの…… あいつの広い背中に… 「おはよっ

」 小気味よい声が、辺りにひびいた
茜坂学園(あかねざかがくえん)に通う2年生、相模司
サッカー部のエースストライカーでもある
クラスメートでケンカ友達の「未緒」、サッカー部のマネージャーで後輩の「ののか」、仲良しグループの「美乃」、そして悪友の「刹那」
学園にはかけがえのない友人と後輩がいて、家には従姉の「凪沙」
みんなに囲まれた楽しい生活
いつまでもこの生活が続けばいいと思いかけた頃、事件が起きる
主人公が幼少の頃にわずらった病気が再発
このままでは、卒業まで命が持たないかもしれない診断を受ける
しかし、自分を大切な友人たちを放りだして、この生活を終わらせるわけにはいかない
せめて、ヒロイン達の問題が解決出来るまではと、病気のことを隠し続ける
そしてヒロインとの想いを紡ぐとき、無常にもタイムリミットがやってくる
ヒロインによって、他のヒロインに対するコンプレックスを持っており、特定のヒロインのストーリーを進めていく度に複雑な関係が進展していきます
その中で誰が大事なのか、ヒロインとの気持ちを確かめつつ、彼女らが抱えている問題を解決していきます
しかし主人公に残された時間はあとわずかです
主人公は一体どのヒロインの問題を解決していくことができるのでしょうか

ホワイトブレス〜with faint hope〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
ホワイトブレス〜with faint hope〜の感想のレビュー
主人公の設定の所為もあってかどのヒロインのシナリオも終盤へのもっていき方がワンパターンになってるのが残念
BADエンドの方が設定通りかも知れません
いまひとつ盛り上がりには欠けるが、不思議と心に残る作品です
学生時代の何もできないもどかしさや考え方の青臭さなど共感できる部分もあります

ヌルい恋愛話は嫌いじゃないが同じような話を何度も読まされるとさすがに飽きる
病気ネタは確かにいらないなぁ

絵が好みです
シナリオをもっと練ってくれてれば・・・

イイハナシダナー

惜しい
素材は悪くないだけに脚本の出来が悔やまれる

今までやった18禁のなかで一番抜けました
俺はおかしいのか?

終盤の展開がほとんど同じ
これじゃ2週目以降は面白くない
テーマの死生観が中途半端でしかないのも残念

トップ