MENU
カテゴリー

サナトリウムの雌豚の感想

黒雛のエロゲー

"
タイトルサナトリウムの雌豚の感想
品番ggs_0491
メーカー黒雛
値段3036
あらすじ

豚の臓器を移植された少女への、容赦ない責め 豚の臓器を移植され生きる少女
少女の臓器を移植され生きる女
獣や医療器具と絡めたハードプレイなど、 軍や科学者たちの探究心と欲望に弄ばれ翻弄されるヒロイン達
物語の進行とともに加速する狂気と悲劇 自らの研究にしか興味を持たない主人公
豚の臓器を次々に移植され、自己同一性を失いつつある少女
主人公を崇拝し、少女に嫉妬するあまり狂気に走りつつある女
それぞれの思惑や情念が淫靡さに彩りを添えます
それぞれの視点で綴られる重厚なストーリー展開 「公衆快楽施設」で好評を博した音声の実装方法を今回も生かし、 「主人公視点」「ヒロイン視点」「サブヒロイン視点」と交錯させ、 ヒロイン一人称部分を一部フルボイス化しました

サナトリウムの雌豚の感想のエロ画像・動画

""""""""
サナトリウムの雌豚の感想のレビュー
大戦末期の残り少ない日々
狂気の実験と、死に彩られた愛憎劇は、敗戦の日へ向かって爛れ落ちていく
ただの凌辱ゲーではないが、想像以上にヒロイン二人の思いが絡み合い、凄まじく捩れた百合ゲーの様相すら呈している
「雌豚」である事を徹底した結果、生み出された退廃的な美しさは、無人化したサナトリウム同様にひっそりと在り続けるのだ

エロよりも三角関係に魅力がある
百合でもあり、最後までどこまても徹底して突き抜けていた

陰鬱で耽美的な物語
下手物なのに高尚さすら感じる良作

ちょっと言葉では表せない境遇の少女がひたすら弄ばれるサマをしめやかに描き切ったヤリゲー
雌豚という単語を徹底的に追及した奇跡のシナリオに脱帽

雌豚を追求した究極のシナリオ

繊細な文体ですごく綺麗にまとめられていた物語でした
雌豚という言葉の響きによい意味で重みを感じる、考えさせられる作品だと思います

「サナトリウムの雌豚」の話

トップ