MENU
カテゴリー

尾上さん家の悦楽生活 Win10対応版の感想

萌雛のアダルトゲーム

"
タイトル尾上さん家の悦楽生活 Win10対応版の感想
品番ggs_0423
メーカー萌雛
値段3545
あらすじ

父親の海外転勤に伴い、 昔お隣さんだった尾上家に居候することになった高坂新司は 10年ぶりに昔懐かしい町に帰ってくる
尾上家の母・沙緒里と、その娘である沙希と璃沙は、 新司を迎え入れてくれるが、 女だらけの家庭だけに、危険な誘惑が一杯
欲望に負けないよう我慢する新司だったが、 自慰の現場を沙緒里に目撃されてしまい、 そのまま筆おろしまでされてしまう
これをきっかけに尾上家の女性達とのHな展開が勃発
果たして新司は一体誰と結ばれるのだろうか

尾上さん家の悦楽生活 Win10対応版の感想のエロ画像・動画

""""""
尾上さん家の悦楽生活 Win10対応版の感想のレビュー
同メーカーの「あの娘はHな小説家」のスピンオフ作品(主人公、ヒロインの設定が違うのでパラレルワールドに近いです) 主人公の両親が海外に転勤になるので引っ越す前に懇意にしていた尾上家に居候するというお話 尾上家の人達は口には出さないけど初めから好感度マックスで選択肢は3回しかなくそれぞれの話に分かれます(母、長女、ハーレムで次女は個別エンドはありません) Hに関してはCG差分が少なくキス、胸を揉む等の描写があっても最初のCGのままで物足りなさを感じます エンディングも数年後という形で終わるのですが結婚や妊娠などはしていなく達成感は全然ありません シナリオ、H共に微妙な感じです
トップ