MENU
カテゴリー

MQ〜時空の覇者〜の感想

アーベルソフトウェアのエロゲ

"
タイトルMQ〜時空の覇者〜の感想
品番ggs_0388
メーカーアーベルソフトウェア
値段2933
あらすじ

母親の悲劇的な死を目撃した主人公は、一つの言葉を託された
――「フィルを集めなさい……」
そして、この女性は自分の実の母では無かった
明かされた事実に驚愕する主人公は己の数奇な宿命を知ることになる
遠縁の親戚に引き取られた主人公の前に一人の少女が現れる
――「この世が壊れようとしています……アヴァタールよ」
少女は「黒死評議会」が主人公の抹殺を決定したと、告げた
なぜなら主人公が「この世を破滅に導く」からだという
――「私は抹殺に反対し、評議会から離反してまいりました
一刻も早く、フィルを……」
主人公を守るため現世界へと姿を現した従者を名乗る少女は、主人公に身も心も尽くすことを盟約する
そして前任ヴァレートの娘であることを主人公に明かすのだった
そして少女は、いますぐに、事象の狭間=アドミニストからの逃亡を示唆するのだった
アヴァタールとその従者の、並列事象世界の旅が、いま始まる――
世界を破滅に導く「アヴァタール」として、謎の組織「黒死評議会」に追われる身となった主人公
その側につき従う「ヴァレート」の少女‘ルミカ=レム=アーデルハイド’
二人による多次元踏破の逃亡劇が始まる
活劇あり、謎解きあり、様々な次元世界のヒロインとのラブロマンス満載

MQ〜時空の覇者〜の感想のエロ画像・動画

""""""""""
MQ〜時空の覇者〜の感想のレビュー
まだ絵が悪いのは我慢できると思うが、シナリオが悪すぎる
自分はたいていのシナリオなら満足できると思っているのですが、物語が完結しないのはゲームとして成り立たないと思う
これから面白くなってきそうな時に急にシナリオが終わった
明らかに製作者の手抜きだと思う
さらに、パッケージの裏に登場している人物が作中に登場しない
ちょっと理解できないゲームだった

世界観自体は悪くは無く割と楽しめた
しかし、展開が唐突すぎることや会話が成り立っていない点が多く、これについていける人類はいないと思われる

MQじゃなくてDQNじゃないの?色々と破綻しすぎて不自然で後味悪い

散々クソゲーと聞かされてたのでやってみたら存外楽しめてしまって別の意味で拍子抜けなのですが、個人的にはラストの無理やりなまとめ方より前半が割とあっさりしすぎな方が気になりました
この状態で完成させてもシナリオの密度に対してスッカスカだった懸念は正直あります

途中まではそれなりに楽しめたけど未完成なのが…

ボイスなしに加えこのクオリティ、何年前のエロゲですか? 無駄な文字入力も意味不
低クオリティなりに、ここから面白くなるんだろって思ったとこで終わる打ち切りゲー
エンド、スタッフロールないのって汚名載せたくないだけだよね?

これはなんともなりませんな

トップ