MENU
カテゴリー

グリザイア ファントムトリガーVol.7の感想

Frontwingのアダルトゲーム

"
タイトルグリザイア ファントムトリガーVol.7の感想
品番fwing_0034
メーカーFrontwing
値段4378
あらすじ

□■ご注意ください■□ 本商品を利用するためには、「DMM GAME PLAYER」が必要です
DMM GAME PLAYERとは ※「DMM GAME PLAYER」のダウンロード・インストールは無料で行えます
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… いつもと変わらぬ日常の風景――
その内側で、少女たちは静かに牙を研ぎ続ける
それはハルトでさえも例外ではない
彼も刀を手にし「来たるべき時」に備えていた
遠く、声が聞こえる――呼び声が響いている
CIRSおよびSORD全部隊が招集される前代未聞の大規模作戦
迎え撃つのは、エニシとクロエが待つ宗教組織TFA(ザ・フェイタル・アンサー)
有坂秋桜里は迷っていた
年端もいかぬ子供たちを戦場に送るべきか、否か
教え子たちの運命は、彼女の判断に委ねられたのだ
組織の一員として、一人の人間として苦悩する有坂──
「有坂先生は、誰かを殺してでも守りたい物って、ありますか?」 「この小さな手帳が、おそらく私の遺品になるだろう」 「この経験がいずれ誰かの命を救うのだ
」 「敵対勢力の中に‘‘子供’’が居たら、貴女は撃てますか?」 「後悔しないで下さいね?」 「何もしない後悔よりはマシです
」 それぞれの思惑が火花を散らす戦場で、有坂の目に映った光景とは──
「地獄なんて何度も見てきたつもりだったけど、 私の見てきた地獄なんて地獄じゃなかったんだなって、今はそう思っている」 ※本作は「日本語、英語」に対応しております

グリザイア ファントムトリガーVol.7の感想のエロ画像・動画

"""""
グリザイア ファントムトリガーVol.7の感想のレビュー
トップ