MENU
カテゴリー

ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま― まとめセットの感想

ギャルのエロゲ

"
タイトルガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま― まとめセットの感想
品番digination_0019
メーカーユメミル
値段4950
あらすじ

ガールズ・ブック・メイカー「グリムと三人のお姫さま」シリーズ3作のお得なまとめセットが登場

「グリムと三人のお姫さま」シリーズは、 グリム童話を舞台に、新たなヒロインたちにスポットをあてた短編集です
『―――王子様がいなくなった
?』 グリム童話集の管理者からそんな相談を受けた館長は、事態の対処にあたるため、主人公・詠斗とテイルを物語世界へと向かわせる
詠斗達は度々人格が入れ替わる風変りな管理者<レジスタ>『グリム』や、能天気で乗せられやすい登場人物<プリマ>『白雪』と共に王子様を捜索するが、 一向に見つからない
そこでグリムの提案を受け、詠斗が王子様代行として物語を駆け回ることになり―――
Episode1: Episode2: Episode3: 「 」シリーズはこちら♪

ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま― まとめセットの感想のエロ画像・動画

""""""""""""
ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま― まとめセットの感想のレビュー
本作プレイ時点で前作未プレイ
批評空間で70点とそこまで高くないため期待せずプレイをしたが想像以上に楽しめた
ロープラ故シナリオは短くヒロインとの恋愛面は長くはないが、作品の1/3近くシーンであり、(そもそも刺さる声優というのは大きいが)シーンが滅茶苦茶エロい
白雪の豊満な体型、グリムの出るところは出る幼いロリポテッとした体型で大満足

白雪ちゃん、チョロくておっぱいも大きくてとても可愛かった

白雪の可愛さを楽しむゲー

わかってたけどやはり夏和小ボイスとエロ以外見るとこない

物語は続いていく――

ブックメイカーシリーズは問題を抱えるヒロインを正面から筋道を立てて主人公が会話で説得して攻略するという作品なのですがどのシリーズにも話に筋がしっかりと通っていて面白い
本作は中でもグリムちゃんの魅力が素晴らしいです
この作品でしか書けないと思わせる魅力や驚きがたっぷり詰まっています
シチュエーションもボイスの切り替えが非常に凝っていたので大満足の1本(3本)でした

トップ