MENU
カテゴリー

ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま 1―の感想

女子校生のエロゲ

"
タイトルガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま 1―の感想
品番digination_0014
メーカーユメミル
値段1980
あらすじ

――王子様がいなくなった
? グリム童話集の管理者からそんな相談を受けた館長は、事態の対処にあたるため、 主人公・詠斗とテイルを物語世界へと向かわせる
詠斗達は度々人格が入れ替わる風変わりな管理者『グリム』や能天気で乗せられやすい 登場人物『白雪』と共に王子様を捜索するが、一向に見つからない
そこでグリムの提案を受け、詠斗が王子様代行として物語を駆け回ることになり――
『ガールズ・ブック・メイカー』スピンオフシリーズ第一弾、ついに登場
★本作は短編集となり、初めて「ガールズ・ブック・メイカー」の世界に触れる方にも 楽しんでいただける物語となっております
「 」シリーズはこちら♪

ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま 1―の感想のエロ画像・動画

""""
ガールズ・ブック・メイカー ―グリムと三人のお姫さま 1―の感想のレビュー
本作プレイ時点で前作未プレイ
批評空間で70点とそこまで高くないため期待せずプレイをしたが想像以上に楽しめた
ロープラ故シナリオは短くヒロインとの恋愛面は長くはないが、作品の1/3近くシーンであり、(そもそも刺さる声優というのは大きいが)シーンが滅茶苦茶エロい
白雪の豊満な体型、グリムの出るところは出る幼いロリポテッとした体型で大満足

白雪の可愛さを楽しむゲー

シナリオはないに等しいが、とにかくえっちでよかった

トップ