MENU
カテゴリー

蠱惑の刻の感想

TinkerBellのエロゲ

"
タイトル蠱惑の刻の感想
品番cyber_0038
メーカーTinkerBell
値段3300
あらすじ

主人公の壬生京介(みぶきょうすけ)は 探偵助手の桃野桃子(もものももこ)と一緒に 小さな探偵事務所を営んでいる
気に入った依頼しか引き受けず 日々を安穏と過ごしているように見える京介だが 実は見知らぬ少女が凌●される悪夢に、苦しんでいた
そんな京介の探偵事務所に、人探しの依頼が舞い込む
依頼があった地域は 昔から神隠しが起こることで、その筋には有名な土地だ
興味を持った京介は依頼を引き受け 山奥の地へと、足を踏み入れる
しかし、そこで待っていたものは 陰謀の渦巻く淫靡な館と 夢と良く似た、美しい少女だった…

蠱惑の刻の感想のエロ画像・動画

"""""""""
蠱惑の刻の感想のレビュー
エロは近年トップクラスのグロさだが、過激さを視覚(切り取ったワンシーン)に頼りすぎていてシチュエーション、テキスト等でエロに惹きこむ努力が感じられない
単品のエロシーンを次々と繋げてエスカレートしていけばいいだろ?みたいな企画物AV臭がする
OHPでは「河原崎家の人々」みたいな雰囲気を醸しているので、それを期待すると裏切られる
尚、私の点数はエログロが使用できなかったケースなので、できる方ならば+30以上はあるのではなかろうか?

トラウマ NP-60

使えるシーンは意外に少なかったが、オンリーワンの価値あり

グロいの嫌いな人は回避推奨



私は一週間くらい鬱になりそう・・・・;;

雪乃ちゃん、もう何も出ないよぉ・・・

CGが綺麗で構図やシチュエーションも優れている
だけどちょっとグロが過ぎるとこがあったのが減点ポイント
あと、あおじる氏の絵が最高

この手のゲームが好きな人は割と満足できると思います

トップ