MENU
カテゴリー

雑音領域 Windows7対応版の感想

メイドのアダルトゲーム

"
タイトル雑音領域 Windows7対応版の感想
品番cdb_0197
メーカーディーオー
値段4086
あらすじ

脚本家の松本直人は14歳以前の記憶が無い
両親のことも知らず、池内家で育てられた
成人後、一人暮らしを始めた直人は、ある日、里親から呼び出される
故郷へ帰る途中、奇妙で不思議な、秘められた領域に迷い込んでしまった
そう、琥珀の時間の中で…妖しく光る記憶と繚乱の領域へと…
サイコホラーアドベンチャーの傑作がいよいよ登場
大好評いただいたシナリオをベースにキャラクターデザイン・原画家を入れ替えグラフィックを完全描き下ろし

前作の雑音領域ファンはもちろんの事、新たなユーザーの方まで十分にご満足いただける作品です
単にエンディングに到達する事でさえ難易度が非常に高いうえに、エンディングの数も多いのでやり込み派の方にも満足していただけること間違いなしです

雑音領域 Windows7対応版の感想のエロ画像・動画

""""""
雑音領域 Windows7対応版の感想のレビュー
パッケのメイドちゃん目当てで買いました
が… 昔のエロゲすぎてあって然るべきものが無いのがちょっと困る(以下抜粋 1クリア後に解放されるのはCG一覧だけ
シーン回想?ED回想?ねえよんなもん 2メイドちゃんのHシーン2個ぐらい 3実用性?すぐ終わる
喘ぎのテキストも少ない
絶頂部分もあまり盛り上がらない 昔の洋館ホラーサスペンスみたいなものを楽しむものであって抜き目的で見るとこんな感じ ただ色んな選択肢ですぐ死ぬものを進めてくのが買いたかった
って層には☆3~4なので買っていいと思います

先の見えない謎解きゲーム
長女が怖いので、ビクビクしながらプレイしました・・・
トゥルーEDはまさかの展開
見る価値はありました

トップ