MENU
カテゴリー

エヴァーメイデン 〜堕落の園の乙女たち〜の感想

ロリのアダルトゲーム

"
タイトルエヴァーメイデン 〜堕落の園の乙女たち〜の感想
品番bpartner_0057
メーカーライアーソフト
値段7945
あらすじ

◆◇◆FANZA通販・FANZA GAMES共通特典 ボイスドラマデータ付き版あり◆◇◆ 「きっと、あなたの思う通りに」 最近のプエラリウムでは、学内のいたるところに花弁が撒き散らされる、という不可解な事象が頻発していた
アドラーに命じられ、アヴェルラは花弁の謎を解くために動きだす
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… 舞台は霧といばらで外部と隔絶された学園、「プエラリウム」
厳しい規律に守られた園には、絶えず張りつめた空気が満ち、乱れのない時間が流れていた
しかしある朝、門の前に倒れている少女が発見される
この門はいつも閉ざされていて、限られた機会にしか開かないはずなのに
警戒の視線の中、問われるがままに、少女は名乗った
──「アルエット」
その瞬間、錆びつき沈黙を保っていた時計塔の鐘が、とてつもない轟音で鳴り響いた
「時計塔の鐘が鳴る時、この学園に遠からぬ終焉が訪れる」 噂話がほのめかす通り、それはプエラリウムにおける、悪夢じみた長い混乱のはじまりだった
その後、紆余曲折を経てプエラリウムの生徒となったアルエットは、夜間外出禁止の禁を犯して、自室から外に出てしまう
そこで見たのは、異界と化した学園と、殺意を帯びてうろつく異形の者
そして、それらを決然と迎え撃つ、ある少女の姿だった──

エヴァーメイデン 〜堕落の園の乙女たち〜の感想のエロ画像・動画

"""""""""""""
エヴァーメイデン 〜堕落の園の乙女たち〜の感想のレビュー
人工的な薔薇の園に狂い咲く百合の”生”の輝きを楽しむ作品
抑圧のなかで膨れ上がった感情に振り回される乙女たちが、ただただ尊い
少女たちに芽生えた”堕落”の欠片が物語に深く結びつく構成は見事
テーマを描き切ったという意味でも素晴らしい作品だった
男性が一切登場しないゲームゆえ、18禁シーンは控えめながら、耽美な絵と臨場感のある音は、少女たちの”生”を飾り立てるに申し分ないものだった
露骨な性描写が苦手な方にも、新しい刺激が欲しくなった方にもお勧め

百合モノとしては少し物足りないが、シナリオゲーとしては面白い

百合&ミステリーホラーADVですが、何よりも3章からの伏線回収としてすごい面白かったなぁ
百合要素メインではないものの、少女たちの不器用な一途な想いと物語の明かされていく真相とのバランスがとても良くて楽しかったです
海原望氏の作品では一番好きかもしれない
またとなけめ

あああぁぁぁLiar-softのゲームしてるぅぅぅ~~~(恍惚)

久々に感じ入るOP動画を見た気分
雰囲気作りが丁寧で見事
だけど雰囲気以外は残念が多い
描写に関してはマコーがダントツ

非常に美しい作品

幻想的な世界で描かれるのは、ただひたすらに純粋な想いの数々
人物たちの揺れる心の動きを追うのが楽しい作品だった

トップ