MENU
カテゴリー

超昂神騎エクシールの感想

学生のエロゲー

"
タイトル超昂神騎エクシールの感想
品番alice_0045
メーカーアリスソフト
値段7480
あらすじ

超昂シリーズの最新作「超昂大戦 エスカレーションヒロインズ」FANZA GAMESで展開中

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… 時は現代
魔王の生まれかわりであり、エロゲライターを目指す主人公『央堂継彦(おうどう つぐひこ)』は、 人間の学生として生活しながら、魔王としての覚醒・世界支配の時を待っていた
しかし待ちに待った覚醒当日、魔王誅滅の命を受けた神騎『エクシール』に襲われる
なんとか逃走するも腹心の部下である悪魔『ベゼル』の裏切りに遭い、『色欲の力』以外の魔力を奪われてしまう
そして、悪魔の計略により、エクシールは地上で孤立
継彦は魔王を倒しに来たエクシールと共闘し、ベゼルが率いる悪魔軍団『ウォーグリム』と戦うことになる
強力な悪魔に勝利するため、エクシールに力を与える手段は、主人公が持つ『色欲』の力を利用した、『導魔(どうま ※いわゆるエッチ)』のみ
敵対関係にある魔王(主人公)と神騎(ヒロイン)が共闘&共同生活の果てに迎える結末は、勝利か、それとも……
? ━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥… 『超昂大戦 エスカレーションヒロインズ』コラボ企画は、 2020年12月29日(火)11時をもちまして終了いたしました

超昂神騎エクシールの感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""""""
超昂神騎エクシールの感想のレビュー
閉ざされた街、魔軍ウォーグリムによる地上侵略が始まる―― 裏切られた魔王と孤独な天使はともに手を取り悪魔に戦いを挑む 【新番組】 超昂神騎エクシール7月28日放送開始
……超昂シリーズをやるのは初めてでしたが、それなりに面白かったです
キリカちゃん……いっぱい出たよ、えへへ
アクションコマンドを購入しないと戦闘で使えないというのがAPのやりくりの面で面倒だったのと、フルボイスではなかったのがちょっと残念

やっぱりシチュエーションが被ってくるのは致し方ないのか
良作です

魔将をシチュ別に分けられなくて、無駄にシーン枠を消費してる気がする

ハルカは未プレイ
とても面白く水準は高いと思うけれど、どことなく中途半端だった
1日に1~2回入る日常パートが、純愛EDや鬼畜EDにほとんど関わりのないものだったからかもしれない

キャラも話も好きなんだけどな・・・

片手間で作られたような、ワンパターンな作品

もし今までの超昂シリーズをやってなければこの作品でも十分満足できたと思います
エロゲ全体の中での評価で言えば、けっこう良作の部類に入ります
ただ、超昂シリーズの中で言えば、前作のハルカに比べるとやっぱり見劣りしてしまいます
一言で言えばボリュームがかなり少ないうえに、Hのバリエーションも少ない
前作が街の治安を護りつつ、城攻めをしたりと複雑だったのに比べると、今作は一本道なのでかなり単純です
しかも周回を重ねても、マップも敵の行動パターンも一緒なので回想シーンやエンディング回収のためだけに周回を重ねるという作業になってしまいます
戦闘に関しては、前作が一つ一つの行動をその場で指定していくのに対して、 今作では数ターン分の行動を事前に登録しておく形なので、なれるまではやりづらいかもしれません
よく言えば戦略性が必要ともいえるし、悪く言えば融通の利かない戦闘システムといえるかもしれません
それぞれのヒロインの純愛エンドと鬼畜エンド、それにノーマルエンドとハーレム エンドがありますが、基本ストーリー的には一本道で、本当にエンディングだけが変わるので、これが周回を重ねるのが辛い理由にもなってます
65日以内にいくつかの条件をクリアしてエンディングを迎えると隠し特典がありますが、これも苦労してやったクリアしたわりにはしょぼい
音楽トラックにちょっとしたミニドラマみたいな音声が追加されるだけ
難易度的には、鬼畜エンド、純愛エンド、隠し特典狙いとどんどん難しくなっていきますが、内容は一緒なので、慣れていくにしたがって高難易度なエンドを目指していけば大丈夫でしょう
辛口の評価にはなりましたが、エロゲ全体の中で言えば高レベルな作品であることに間違いありません
自分自身は十分楽しませてもらいました
戦闘も戦略練っていくのは楽しかったですし
二人のヒロインではキリカは好きですね
主人公と先輩・後輩の関係から、主人公と結ばれる純愛エンドはよかったです
もう一人のエリスのほうは天使として突然現れるので、どうしても感情移入しづらかったですね

トップ