MENU
カテゴリー

Bradyon Vedaの感想

女子校生のエロゲー

"
タイトルBradyon Vedaの感想
品番akbs_0041
メーカー暁WORKS
値段7124
あらすじ

悲劇の大戦から三年
敗北した日本の中央都市[威京’モレク]に一人の男が現れた
名は「藤代直人」
彼の肩には、錆びついたネフィリムの徽章があった
ネフィリム――正式名:神術兵特務部隊
第三次東亜大戦中、たった十名で、数万の陸上部隊を壊滅させた実績を持つ実験歩兵部隊
彼らが扱う「神術」は、神の存在をこの世に顕示する……まさに魔術と呼ぶに相応しい力だった
その強すぎる力を恐れたのは、敵だけではない
神術兵特務部隊の兵たちも、己の持つ力を恐れ、いつかそれが人類の脅威となるであろうことを悟る
ネフィリムの隊長であった「斑鳩小萠」は、戦後すぐに自分の部隊を解散させようとする
そして内紛が起きた
結果、小萠は殺され、彼女を庇った直人も深い傷を負うことになった
愛するものの仇を取るため
そして小萠の意思を継ぎ、この世にあってはならない力を封じるために、直人は立ち上がる
感情を持つ兵器
戦争が生み出した神に近きものたち
彼らに待ち受けている未来は、支配か、融和か
それとも破滅か……
威京は、[神術兵’スクライブ]同士が駈け巡り、ぶつかりあう凄惨な戦場へと変貌する

Bradyon Vedaの感想のエロ画像・動画

""""""""""""""""""""""""
Bradyon Vedaの感想のレビュー
Bradyon Veda(光速以下で活動する生命体の伝承)
完成度の高いSF大作
個性的すぎる登場人物達が織り成す、大胆なディストピア的シナリオにおける化学特化な戦闘
美麗な絵、完璧なCV、面白い演出
いつものうすら寒いギャグは、シニカルな主人公の台詞へとクラスチェンジ
熱中度は高く、SFシナリオ・キャラクターを求める方におすすめ

挑戦作
こういうエロゲがもっと増えることを楽しみにしています

話自体は結構よくできてるけどいろいろ惜しい感じです

知名度はないだろうが名作

ビジュアルノベルならではの怪しい科学バトルは倒す方法の描写は十分なのだが、倒せなかった描写が不足して燃焼しそうで燃焼しなかった
台詞回しや世界観はかなり好き

やっとエピローグまで終了…疲れた

5章までなら90点ぐらいつけたいレベルで面白かった
個別のルートに入るとさすがにダレた…

トップ